ガソリンとオイルと潤滑剤

本日はガソリンとオイルと潤滑剤というタイトルで話をしたいと思います。
まずは潤滑剤。これは整備作業にかかせないアイテム。
錆びたネジを外したりする際に潤滑剤を塗布してやる。すると驚くほどスムーズにネジが回る。
キーキーいってるドアにも潤滑剤を吹いてあげる。するとキーキーいってる音が次第に消えていきます。

次にガソリン。ガソリンは車の燃料というだけではありません。有名なのはその脱脂能力。
アルミホイールのホイールバランスはバランスウエイトをホイールに両面テープで貼り付けますこのとききちんと脱脂しないと張り付かない。アルコールやブレーキクリーナーではダメ。
ガソリンの脱脂能力じゃないとダメなのですよ。
あとバイザーをつけたりする時もテープの張り付け位置をホワイトガソリンで丁寧に脱脂してやる必要もあります。
燃料ラインのホースはパイプから外すのがとても大変なんですよ。
ガソリンによって油分が全て洗浄されてしまっているから。燃料ラインのホースを外すのはめちゃくちゃ大変。
最後にオイル。潤滑剤とオイルってどっちが潤滑性能があるかといえば、実はオイルなんですよ。

直噴のインジェクターのゴムのパッキンをはめて装着する際潤滑剤ではダメ。
かなり抵抗がかかり、ゴムのパッキンがよじれてしまう。燃料漏れを引き起こす可能性があります。
しかしオイルを薄く塗ると潤滑剤を塗った時よりもさらに抵抗がなくなり無理なくはまる。
特に燃料系統のパッキンなどを組み付ける時は潤滑剤よりもオイルじゃないとだめな時があるんですよ。
オイルは潤滑剤より潤滑能力が優れている。
これを知らない人は案外多いので覚えておけば何かと役にたちますよ。
出先で潤滑剤が必要な場合もレベルゲージからカンタンにオイルを少し取り出せます。
知識として片隅に置いておいてください

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする