MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ギネスと車

time 2015/10/18

ギネスと車

先日図書館に行って、ギネスブックを借りてきました。ギネスブックといっても、カラーで見れる図鑑のようなものですので、辞書のように分厚い本ではないです。
で、ギネスブックにて、車の項目を探してみた。
現在世界で一番早いパトカーは何だと思いますか?これはイタリア警察が使用しているランボルギーニ・ガヤルドLP-560-4というパトカー。最高時速370km。
日本ではスポーツカーのパトカーは見たことがあるけれど、まさかガヤルドがパトカーになってるとは。
もっとも長い車は30.5m。カリフォルニアのバーバンクのジェイ・オーバーグが26個のタイヤをもつ
リムジンをデザインしたと。

sb-log508-01-1

もっとも安い車は、これは話題になったインドのタタが作ったナノ。現在の日本円のレートで18万円。
そしてもっとも速い車は、アルティメット・エアロTTスーパーカーは時速412kmを突破!速い!
ちょっと面白いのが、最も燃費のよい40tトラック。メルセデスベンツのアクトロスは100km走るのに19,44リットルを消費したとなっています。燃費は5、14km/リットル。これは40tトラックとしては驚異的な燃費ですね。
ではもっとも燃費のよい車はというと、スイスの学生が作った車でPAC-CARⅡ号で100kmを走るのにわずか0,01857リットルのガソリンだけしか使わなかったということだそうです。
そしてこれもわかると思うけれど、オープンスポーツカーで一番売れたモデルは何か?これはもう
ご存知マツダロードスターですね。ロードスターを模倣していろいろなメーカーからオープン2シーターが生まれたわけですね。

ギネスと車。いろいろな記録が存在します。ちょっと調べてみると面白いかもしれないと思いました。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ