グロープラグとは

グロープラグです。
ディーゼルエンジンの
始動性をよくするための部品です。

glow-plugs1
日産の純正グロープラグ

glow-plugs2
中をあけると

glow-plugs3
こんな感じです。

これが、電気が流れるとあっちぃっちぃになりまして、
ディーゼルエンジンの燃焼室を温めたり、燃焼前の通路をあっためたりするんですよ。
詳しくは教科書をみないと忘れたけど(笑

あんまりいいかげんなこと書いちゃだめだから忘れてください。

スポンサードリンク

要するに、ディーゼルエンジンは、ガソリンと違って、
スパークプラグで火をつけているわけじゃないので、

軽油の着火温度が低いのを利用して、
自然発火させているんですよ。自然発火させるためには強力に圧縮をしないと
駄目なんです。だからディーゼルはガソリンの2倍以上の圧縮比なんです。

20前後の圧縮比

でも冬は寒いため着火性に劣るんで、
グロープラグであったためてやろうって仕組み。

なのでこのグロープラグが壊れるとディーゼルはエンジンかかりづらいんですよ。
冬はやばいよ。かかんないかもよ。

そんなに高いものではないので、距離をのってきたら交換したほうがいいよ。
ガソリンエンジンのスパークプラグ交換みたいな手順でOKだからね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)