トヨタが若者の車離れ対策の1つとしてスタートさせたGRについて

トヨタが動き出しました。

今までトヨタではガズーレーシングとして、いろんなスポーツカーを出してきました。

そのガズーブランドをGRにして、若者の車離れにストップをかける!ということです。

なるほど記事を読んでみれば、楽しい車を作ることで車は楽しいものであるとアピールして若者層を取り込もうという狙いですね。

ただ、若者の車離れを意識してのGRだとしたら、これはあまり効果はあがらないと思います。

そもそも若者の車離れの奥底にある原因ってなんだと思っているのか?

これは確かに魅力ある車が少なくなってきているという理由も1つとして挙げられますが、それ以前に車が高すぎるから買わないんですよ。そして、車ってびっくりするくらいの維持費がかかる。

新車を買ったとしても、車両代の他に任意保険代から始まって駐車場代やら燃料代などお金は思った以上にかかります。このあたりを今の若者はよく考えている。だから車を買わない。必要ないならなおさら買いません。

田舎では車が生活の足として必要なので、社会に出たら必須品となります。でも多くの人は軽自動車をチョイスする傾向にある。なぜか?維持費が安いから。

若者の車離れの一番の要因はお金問題だと僕は考えています。

昭和の若者はなぜ車に憧れたか?

それでは昭和の若者たちはなぜ車に憧れていたか?これって、共同思想といいますか経済が疑うことなく右肩上がりだった時代です。

三種の神器と呼ばれる家電製品が各家庭に行き渡ったら、モータリゼーション到来です。今まで高嶺の花であった車が庶民にも買える時代がやってきた。そして、高性能な車が次々と生まれて自動車産業がピークに向かって突っ走っていた時代です。

TVのCMでも車のものがよく流れていましたし、平成とは違います。インターネットなんかありません。雑誌や新聞、カタログにテレビが情報の全てです。

高度成長の波とともに、自動車が欲しい!という思いが世代を問わずあったのが昭和です。

それが平成の世になって、経済は下火。GDPもいまいち。さらには終身雇用なんか夢物語。そりゃ悟り世代と呼ばれる世代だって生まれてきますよね。

時代背景があまりにもドライすぎる。そんな中を生き抜いている若者が、車を欲しがるか?そんな単純な話じゃ通用しません。彼らはきっちりと財布の紐を握って考えている。公共機関ですむのなら、維持費と天秤にかけて車を買うかどうか?

答えはNO!なのです。若者の車離れって今の時代をそのまんま表しています。車なんかに余計なお金をかけたくないというのが若者の本音です。

そこにGRがレーシーなヴィッツを出したとして買うかどうか?車の楽しさっていうのは、やはり伝えないといけないところだけど、商品力とお金と天秤にかけてもぐらつかないですよね。

今若者が必要と思っている車ってなんなのか?価格が安くて維持費のかからない車です。彼らは車に楽しさを求めているパーセンテージは低いですから。

若者の車離れを防ぐのなら、車体価格を抑えてランニングコストを落とせるようにする。まずはそこからがスタートです。

スマホ以上の魅力を車が持っていれば、おのずと若者も買うでしょうけどそれはもう難しい。車にかかる税金が多すぎるので、そのあたりもきちんと見直していかないと根本的には解決できない問題になってしまっていると僕は思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 774RSR より:

    そうなんですよね、強いて必要かと?

    アマゾンやデパートの買い物宅配便、ホームセンターの配送サービス、公共交通機関の充実
    それらが揃っていなかった時代は自分の車が無いとどうにもならなかったから必要だったわけで
    今は必要ならレンタカーで望みの種類の車を用意すれば事足りてしまう現状ですし

    将来の展望が描けない社会だから強いて必要としない物に投資しなくなっただけで給与は定年まで定額のままでも解雇されず雇い続けて貰える安心を得られるのなら生涯で使える額を算出できるので身の丈にあった車を買う意欲も生まれるのじゃないかなと思っていますが企業としてそんな就労形態を社会に提案して欲しいものです

    • MHO より:

      今の時代にそぐわなくなってきましたね。やはり働き方改革を進めて、人生にゆとりを持てる人を増やしてほしいです。生活必需品でない層に車を進めるのなら、ゆとりを持っていないと買おうとは思いませんからね。