給油口が開かない!?ギャラン フォルティスのフューエルリッド修理

お客さんから

「給油口が開かなくてガソリンが入れられないので何とかして欲しい」

という電話を受けました。車はギャラン。

ギャランフォルティスで型式がDBA-CY4A。

微妙な年代ですが、多分フューエルリッドはワイヤー式だと思うのでその場でなんとかできるかもしれない。

運転席シートの端っこにフューエルリッドのレバーがあります。

そのレバーを操作してみると、スカスカではないけどなんか手応えが甘いような気もする・・。

この場には他の整備士がいなかったので一人で頑張ってみました。

この手の修理って、一人がレバーをいじってもう一人が給油口の方でアシストすると非常に簡単。だけどみんな納車に行っていなかった。

まずレバー側で、ワイヤーが外れてるとか切れてるなどの簡易点検から。

銀色の球がきちんとレバーにくっついてる。

レバーを操作すると、ワイヤーが伸び縮みするのが見て取れるので、レバー側の問題はなしとしました。

給油口があかない場合、反対側の内張りを剥がしていくと手動でなんとか開けられます。

そんなわけでトランクを開けて内張りをめくる。画面中央に見えるのがフューエルリッドの部品です。ワイヤーが接続されている。

ワイヤーなどに異常はなさそうです。とりあえず、ワイヤー部分を切り離して手動でフューエルリッドを開けてみる。

なんとか開けることに成功。ただ解せないのはワイヤーやオープナーの機構になんら問題はなさそう。

ではなんで開かなかったのか?

原因が判明。人差し指でさしているフューエルリッドのリターンスプリングが外れてひっかかっていた。

なんで外れちゃったかは不明だけど、リターンの爪をおこして規定の位置に付け直すときちんと作動するようになりました。

外車なんかだとマニホールド負圧などを利用してフューエルリッドを開閉させるタイプもあります。ただレバーで開けられなくなったとしても内側からトライすれば開けることは可能なので車屋さんに相談してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    外車では、負圧を利用するものもあるんですね!
    知りませんでした。
    フューエルリッドは、昔は鍵を使って開ける車も結構ありましたよね!
    今の車は、基本的に運転席のレバーを引っ張って開けますもんね!
    ワイヤーだから、ワイヤーが切れたり何らかのトラブルがあると、開かなくなっちゃいますもんねぇ…。
    その事を考えると、フューエルリッドに直接鍵を差し込んで開けるタイプの方が、トラブル的には少ないかもしれませんね!
    ちなみに、仕事で乗ってるトラックは、デュトロは燃料キャップに鍵があるタイプ!
    プロレンジャーは、鍵はないですね(笑)
    車の装備は、電装品の塊になって来てるから、フューエルリッドも電動オープナーになるかもしれませんね!
    もしかしたら、既にそんな車もあるのかもしれませんね!?
    電動バックドアも普及してますもんね!!
    でも、自分的には電動じゃなくて、アナログの装備が好きです!
    トランクを開けて中の荷物を取ってたら、ガススプリングが弱ってて頭にガツン、なんて事が起きたり(涙)
    実際に、GX90マークⅡ乗ってた時にありましたね(笑)
    痛かったけど、笑えるエピソードですね!
    ちなみに、ボンネットでも同じ様な事を経験済み!
    なんか、お茶目に思えちゃうんですよね(笑)

    • MHO より:

      この前三菱のミニキャブという軽トラックが燃料キャップ開けられないってきました。
      ミニキャブトラックも鍵のタイプなんですが、中で何枚かのプレートを使ってロックするんですが、ネジが外れてぐらついていたのが原因です。
      プレートの曲がりをハンマーで整形して、適当なネジを取り付けて応急処置しました。
      ああいうタイプの方が厄介ですよね。