ハリアー ハイブリッド 補機バッテリー交換

お客さんからご一報を受けて、ある程度の情報をGETして現場へ行きました。
とりあえず搭載されているバッテリーサイズまでは確認できなかったので、ジャンピングをしてエンジンをかけて工場へもって行く作戦にしました。

現場に行って、スタートを押しても確かにハイブリッドシステムが起動しない。ということで指定された+端子とアースポイントを使ってジャンピングさせてシステムを起動。

セルモーターが回る音がしてエンジンがすぐにかかりました。やっぱり補機バッテリーがあがっていちゃ、すぐにエンジンがかかるのかもしれないですね。ハリアーにだってセルモーターは厳密に言うとついてないんじゃないの?

プリウスはハイブリッドのモーターそのものがセルモーターの役割もしているから。
ハリアーもそれっぽい音がしたぞ。
で、使っているバッテリーは55B24Lといったバッテリーっぽい。

sb-log877-01

電装屋さんに確認を取って、そのサイズのバッテリーを持ってきてもらうことにしました。あとは普通の車とバッテリー交換の手順は殆ど同じです。補機バッテリーを交換したら初期化しないといけないのがパワーウインドウ。パワーゲート。あとはバックモニターとそれぞれオーディオなど。
説明書にそれぞれやり方が書いてあるので、パワーゲートはバッテリーを交換した後に、手で開けて手で締めればOK。

パワーウインドウは従来の車と同じ。スイッチを窓が閉まった後も上へ持ち上げて数秒保持しておくといったやり方。バックモニターはハンドルを末切りするなどといった方法で初期化をすることが可能。
全て説明書に書いてありました。驚いたのが電子キーの電池の交換方法まで書いてあったこと。
これはダイハツの電子キーと同じタイプですが、ダイハツはその交換方法を説明書には載せていなかった。
でもトヨタは書いてある。書いておいたほうがいいよね。絶対。

あせったのがジャンピングケーブルをつないだ瞬間、盗難防止がなったこと。エンジンルームの前にいた僕は耳が壊れそうになった。焦った。
ということで、そんなにハイブリッドの補機バッテリーだからと力む必要は全く有りませんでした。
説明書参照といった感じでOK

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)