いざという時のために覚えておきたい発煙筒の使い方

車には必ず発煙筒が入っているはずです。その理由は信号用具がないと車検に通らないからです。

この発煙筒ですが、いざっていう時使えますか?

そもそも発煙筒、使ったことありますか?およそ8割以上のドライバーは発煙筒を使ったことがないと思います。実際にそうです。

発煙筒を使うシチュエーションっていうのはどんな時か?

一番は車が故障して、道路の真ん中で立ち往生してしまった時など。しかもカーブを曲がってすぐの死角など、後続車や対向車に見えづらい場所など。

そのままにしておくと追突されたり、突っ込まれる可能性がある場合ですね。こんな時は双方の身の安全を確保するためにも発煙筒を使うべきです。

ではでは、いざっていう時に、発煙筒をきちんと使える自信ありますか?そもそも車の発煙筒ってどこにあるか把握していますか?

発煙筒がある場所の多くは助手席の足元付近です。ホルダーで車体に取り付けられている。

そして、発煙筒には有効年月というものがあります。基本的には期限切れは車検で落とされる可能性があります。うちの工場ではNGとしています。

もし車検で発煙筒の期限が切れているので、交換させてくださいと車屋さんから言われたら、是非古い発煙筒をもらって試してみてください。

使い方は簡単で、でっかいマッチだと思ってください。

一回でも発煙筒を使った経験があれば、有事の時にきちんと使用することができます。オススメなのは夏の花火の時期。

花火と一緒に発煙筒を使ってみるんです。

結構長い間燃えています。花火の一環としてテストしてみるのもいいでしょうね。

もし、こういうファイヤーな発煙筒が嫌なら今はLEDタイプもあります。

これならば電池を交換し続ければ使用期限というものはないですからね。って、自分で試してもないのにオススメしてもダメなのでとりあえず買ってまたレビューします。

いざという時の発煙筒、是非一度使ってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    私は発炎筒オンリーでですね。
    いつ使うか判らないから逆に電池だと怖いと思っています。
    期限切れの発炎筒は、警察署の交通課が意外と喜んで引き取ってくれますね。