ヘッド加工 ポートを研磨したりバルブの突き出し量を変えたりすること

ヘッド加工とはチューニングによっていろんなパターンがあります。
ポートを研磨したりバルブの突き出し量を変えたり、燃焼室を加工したりヘッドを面研したり。

CA320907

ヘッドを面研すると圧縮を上げることが出来るし、ガスケットの抜けを防止することもできるのでヘッドの加工はチューニングにとってとても重要なポイントです

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする