クーラントの濃度・バッテリー液の比重 比重計について 比重計の使い方

本日は比重計について


比重計というのはその名のとおり比重を測定するものです。

車で言うと、沸点と凍点といいましょうか?

バッテリー液の濃度、クーラントの濃度を測ったりします


比重計はこのような望遠鏡みたいな格好をしています


では実際に使ってみましょう


今回はクーラントの濃度を計測してみます

付属のスポイトでラジエターよりクーラントを数滴吸い取ります


それを比重計のレンズにたらす


比重計のフタをとじます

あとは明るい方に向かってレンズから覗いてみる


するとこのような感じで見えます。

クーラントの成分はエチレングレコールなので、真ん中の右側のグラフを読み取ると

マイナス36度くらいまではOKということがわかります。

バッテリーの比重だとしたら、1、35あるということになります

車検時にこれでクーラントの濃度を計測します。バッテリーもテスターで怪しい判定がでたら併用します

比重計についてでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)