保険の見直しをして、レンタカー特約をオプションでつけた理由

4月に奥さんの車の任意保険が更新時期で、見直しをかけてみました。今加入しているのは対人・対物無制限。これに年齢制限をかけているだけでした。

車両保険は一切加入していません。

前回の保険更新時も見直しをかけました。

前回はファミリーバイク特約なるものをつけておいた。今後、小さいバイクを足がわりに買って乗る時に、車の保険である程度バイクにも保険がかかる。僕が欲しがってるバイクは125cc以下なので、いいかなと。

125ccなら二人乗りもできるし、車検もない。だけど公道を走る以上リスクがあります。それを自動車の保険でカバーできるなら最高!

そして今回、新たに見直したのがレンタカーの特約です。

これは整備の現場で働く中で常々必要だよな・・と思ったオプション。

板金事故の時に必要な代車がない

お客さんから電話があって、一番困るパターンです。

「事故を起こしちゃって・・・修理をお願いしたいんですけど、代車ってありますか?」

というもの。

例えば事故の種類が100−0ならば問題ないです。駐車場で止まっている時にバックしてきた車にぶつけられたなど。

こういうケースの時は相手側の保険会社から、修理代車としてレンタカーを出してもらえる。しかし、その時に少しでも自分が動いていると、自分にも少なからず過失がでます。過失が出る事故に遭遇した時、基本的に相手からレンタカーはだしてもらえない。

ある程度大きな整備工場なら、工場代車を貸してくれるでしょう。ただし工場代車って、整備工場からすると負債でしかないんです。何故ならば、代車って基本的に収益につながるものではない。

100−0事故を起こした時に、工場代車をレンタカーの代わりに出してあげると1日あたり2000円程度の費用を相手側の保険会社からもらえます。

代車って、お客さんにお金を出してもらって貸しちゃいけないんです。それだとレンタカーになってしまうから。あくまで代車というのは代車。

保険がらみの100−0時に工場代車を出すとき以外は、会社にとって収入にはならず維持費がかかるだけの負債でしかない。

なので、業界は工場代車を減らす傾向にあります。

では、事故を起こして板金修理を依頼する時どうすればいいか?それこそ板金工場に代車がなければ、代車を諦めるかレンタカーを借りるしかない。

レンタカーの費用って1日あたり5000円くらいします。

すぐにでも板金したいのに代車がない・・・。代車の空きが出るまで辛抱するしかない・・。でも走行不能なほど損傷していたらどうするか?

もう今すぐにでも新しい車か何かを用意するしかないです。馴染みではない板金工場に相談するとかそういう緊急性をはらんでくる。

これを回避するのがレンタカーの特約です。これは車両保険とは違って、事故に遭遇した時にその事故日から1ヶ月間レンタカーを借りられる特約なんです。

資産してもらったら、1年間の保険代金が9000円上がると言われました。ここで9000円か〜・・・と頭を当然悩ませてしまいましたが(笑)

特に奥さんは車をメインに使ってる職についているので、そのための保険だよな。とオプション加入しました。

1ヶ月猶予があれば大抵の修理はできます。もし1ヶ月で間に合わなくてもその間に工場代車にだって切り替えてもらえる。

僕は歩いて会社に行ける距離なので、自分自身の保険にはつけてませんけど。もし車を毎日使わざるを得ない状況になったら自分の保険にも同様のオプションをつけるかな。

保険の見直しって、更新日じゃないと変更できないものもありますから1年を機に見直してみてください。レンタカーの特約とファミリーバイク特約はおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むきんぽ より:

    自分の行きつけの町工場は、個人経営の有限会社ですが、規模としてはどうなんだろう・・・整備部門・板金部門・中古車販売部門があって、中くらいの規模にあたる工場なのかな。
    ありがたい事に、その工場の代車の数が半端ではなく多くて、恐らく30~40台くらいあるのかなぁ。当然、出番でお客さんとこに出払っている代車は居ないので、出番待ち代車だけでも、工場横に所狭しと隊列を成していて、整備・修理待ち客車の列と合わせると、工場に用事があって訪問する来客者の駐車場所の確保が難しくなるくらい。

    これを完全にあてにしている自分は、今まで代車が手配できず困った経験は無く、レンタカー特約など無縁の話ではあるのだけれども、
    こう云った記事を読んでいると、どうなんだろう・・・やはり見直すべきかなぁ・・・とも。