ホース類の交換

本日はあまり目立たない存在の各種ホースについて
ホースというと何を思い浮かべますか?メジャーなホースと言えばラジエターホースですね。
ラジエターホースは経年劣化で硬くなりしまいにはパンクしてしまう。よくあるトラブルの一つです。
ラジエターホースがパンクすると、パンク具合によっては走行不能に陥ってしまいます。
ラジエターホースは10年10万キロで古くなったらサーモスタットと一緒に交換するのがおすすめ。
ヒーターホースも同様です。

about-hose1

ただしヒーターホースはバイパスさせることが出来る車なら走行不能にまでは陥らない。
各種ウォーターホースを使ってる車はやはり一度10年10万キロで一新したほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

SRエンジンなどインマニの下にかなりのホースがつながっています。
交換するにはインマニを外してやらないと無理。
ウォーターホース以外にも見落としがちなのが各種バキュームホース。
バキュームホースのヒビなどはエンジン不調の原因になります。
一昔前のキャブ車などかなりのバキュームホースがつながっています。
やはり年数経っているものはヒビ割れがよく発生しています。
バキュームホースも10年10万キロで換えてやると安心。
シリコンホースに換えてやると熱に強いので耐久性が伸びてきます。
お店でみたら2mで1500円程でした。各種カラーがあるので青や赤を選んでやるのもよい。
エンジンルームのドレスアップに貢献してくれるでしょう。

あまり目立たないホース類ですが10年10万キロで一新すれば
20万キロまではホース関係による無用なトラブルは避けられるのでお勧めだといえます。
以上ホース交換についてでした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)