ホースバンドからのオイル漏れ

ホースバンドからのオイル漏れってよくあるんですよ。
一番多いのは油圧のパワステ系統。油圧パワステのポンプからステアリングラックへつなげているパイプをつなぐホース。ここのホースバンドからパワステオイルが漏れていることがとても多い。
パワステというのは、油圧がかなりかかる系統です。それをつなげているのはゴムホース。
基本的に高圧側はホースではなくて、高圧パイプでつなげられていはいますが、もれやすい。パワステホースのバンドからパワステオイルが漏れてしまったらホースとバンドの両方を交換したほうが良いと思います。

もれてきているホースを確認するとやはり熱で硬化しているものがおおい。それと年月がたっていて硬化しているケース。
カチカチになってしまったホースをいくらバンドで押さえ込んでも駄目。やはりホースは
あるていど弾力性がないと意味が無いのです。

sb-log554-01

もしホースバンドだけを交換するのなら、平べったいホースバンドにしたほうがいい。
針金のようなホースバンドでは圧力が2つだけに偏ってしまう。

平べったいホースバンドであれば、均一に圧力をかけて抑えることができます。針金のようなバンドでは締めすぎるとホース自体を損傷させてしまうことがある。

ホース保護という意味合いも込めても平べったいバンドのほうが良い。
10年10万キロを超えてきたら、油圧パワステのホースは新しくするのがお勧めです。
大体このくらいのスパンになるともれてくる車が多い。

パワステオイルも一度新油に入れ替えたりすればなお良いと思います。ホースバンドからのオイル漏れを甘く見ていると、そのうちポンプを壊しちゃうので注意が必要です

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)