MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

中古車を購入したら保証継承点検を受けるべし!

time 2016/02/29

中古車を購入したら保証継承点検を受けるべし!

車って、新車で購入すると5年程度の保証期間が付いてきます。
オーディオやナビなどは1年なんですが、いわゆるミッションやらエンジンの何かが壊れたというときに、5年もしくは10万キロ以内なら保証を受けることができる。

僕も車屋さんに勤めていて、やはり新車で買った車での保証修理っていうのはたくさん見てきました。

特にその車種特有の故障があって、同じ場所が高い確率で壊れることがあります。そんなときディーラーに電話して保証修理を認めてもらうわけです。

ただ、注意しないといけないのは中古車です。中古車は保証期間であったとしても、その保証修理を受けられないことがあります。

sponsored link

名義が変わると保証は適用外になる

考えれば当たり前なのかもしれないんですが、1年落ちの車を中古車で購入したとします。1年落ちなので、あと4年は保証期間が残っているわけです。単純に計算すればですけど。

ただ、保証を受けられないこともあります。

それは保証継承をしていない場合です。中古車を購入したときって、名義が変わります。新車で買ったときにメンテナンスノートに記載されている名義人でなければ、保証修理が受けられないのです。

これはあまり知られていない事実ですが、もし保証期間が残っている新しい車を買った際にはディーラーで保証継承点検というものを受けないといけません。

保証継承点検を受けると、メーカー保証を継続して新しいオーナーにも適用してもらえるようになるのです。

これ、とても重要なことです。

メンテナンスノートをよく見ると、名義人が変わったときに記載する欄も載っているメーカーもありましたね。

まあ中古車で購入する際はその業者が、保証をディーラーに保証継承点検に出すのがほとんどだと思います。

ただ、万が一受けていない可能性もあるので、新しい車を中古車で買うときにはお店に聞いておきましょう。もし保証継承点検をしない場合には是非しておきましょう。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ