MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ハブベアリングのガタがある車はタイヤが外れる可能性もある。

time 2015/08/11

日はハブのベアリングのガタについて。車には回転部分を支えるところにベアリングをよく使っています。
代表的なのはハブのベアリング。フライホイールのパイロットベアリングやミッションのベアリング。
デファレンシャルにもベアリングが使われている。
このベアリングなるものですが、昔はメンテナンスを頻繁にしないといけないものでした。
ベアリングのメンテナンスは洗浄して、傷を確認し、問題なければベアリンググリスを入れ替えるもの。
大型トラックなどのリヤハブのベアリングは分解したら毎回ベアリンググリスを交換しています。
ベアリンググリスにも耐荷重があり、性能の低いものを
大きな荷重がかかる部分に使用してはいけないことになっている。

sb-log416-01

ベアリングは回転を支えるもので、ハブのベアリングはナックルに圧入されたアウターレースに支えながら、
内部のボールやローラーを回転させてその内側にあるインナーレースとドライブシャフトを保持しています。
乗用車のハブのベアリングは大体がメンテナンスフリーになっています。
まれにFFのリハブベアリングにテーパーローラーベアリングを使っていて
グリスを入れ替える必要性もあるのもあります。
ベアリングに傷がつくと、走行音がダイレクトに室内に聞こえてきます。
タイヤでも飛んでしまうんじゃないか?と思うくらいの騒音になってくると更にヤバい。
早く交換しないと本当にタイヤが飛んでしまうかもしれません。
ハブベアリングの交換はなかなか大変なものが多く、
整備歴の浅いメカニックでは上手く交換できないこともあります。
油圧プレスを使いますが、ポイントはハブを圧入するとき、先にバックプレートを固定しておくことと、
ハブをいざ圧入するときにインナーレースとアウターレースに裏からあてものをして、
圧入の荷重でベアリングのローラーやボールに負担をかけないこと。
失敗すると回すのにかなり抵抗が生じてしまいます。
ベアリングケースASSYのものは交換は気を使わないし楽チン。ケースごとナックルから交換します。
もし走行中にすごい音が聞こえてきたらハブのベアリングを疑いましょう。
修理は慣れたメカニックに依頼するのが一番です。
今日はハブのベアリングの交換についてでした

sponsored link

コメント

  • 会社内で外れた事があります。
    ダイハツでした。幸いにも発進直後の低速でした。

    by 愛知の事務員 €2015年8月12日 18:58

    • 恐ろしい体験ですね

      by MHO €2015年8月14日 15:34

  • いつも参考になる記事ありがとうございます。

    確かにベアリング交換大変ですね。

    作業頻度もそう多いものではないので毎回

    神経使いますね。

    by 整備士 €2015年8月13日 08:36

    • 昔は僕もベアリングの交換が苦手でしたけど、慣れてくると楽しいものになりました。神経は使いますね

      by MHO €2015年8月14日 15:35

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ