ベアリングというとても重要な部品について

本日はベアリングの話です。

車の回転部分には、ベアリングと呼ばれるものが使われています。

これはテーパーローラベアリングです。

トラックのリヤに使われています。浮動式ベアリングです。Rrハブを分解した時に、オイルシールを外してベアリングを洗浄してグリスを詰め替えます。

初めて車検に入ってきたトラックで、このように傷が付いていることがあります。

これはきちんとベアリンググリスを入れ替えていないか、トルク過多による調整しすぎによって傷がついてしまっています。

こうなってはもはや交換するしかありません。

症状がひどくなってると、スピンドルのほうも傷が入っている可能性もあります。

ベアリンググリスにはグレードがあります。きちんとしたベアリンググリスを使わないといけません。

昔のトヨタ車にもテーパーローラベアリングをRrに使っているのもありました。2WDでのリヤですね。

ハブのベアリングって、調整やら規定トルクがものすごく重要になります。

Rrハブベアリングはドラムブレーキなら外すことが多いので、規定トルクは必ず守りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)