ハイブリッド専用エンジンオイル

ホンダのインサイトが2代目に変り、巷を騒がせているハイブリッドカーブーム。
プリウスが発売されたときにも、あった変化が起こりました。
それはエンジンオイル。プリウスの時は、粘度が0W-20という低粘度オイルが
推奨され、省燃費オイルとして世間に認知されていきました。
ですが、今や0W-20を使用できるエンジンは殆どのラインナップで
存在しています。殆どが0W-20に対応してきたといえますね。やはり昔の高い粘度が
指定されているエンジンへの使用は見送った方がいいと思いますが・・・

hv-oil1

そこにきて驚いたのが、ホンダのインサイトに使用されているエンジンオイル。
これはホンダ独自で作り上げた超省燃費オイルだそうです。
特徴はというと、なんと粘度表記がない!!
ホンダによると、国際規格である今までの省燃費オイルの性能を上回ったオイルだそう。
0W-20を上回る低粘度化だけども、ホンダのいわゆる走りの性能をきちんと保護する
とてもすごいオイルだそうです。
ハイブリッド専用オイルと、タイトルしましたが今後このウルトラグリーンと呼ばれる
エンジンオイルでの設定がホンダ車は増えていくと思います。

インサイトはこのウルトラグリーンというエンジンオイルを使用しながら
開発されたそうです。逆を言うと、このオイルを使ってこそインサイトの性能を
きちんと発揮できると。しかしホンダというメーカーはやはり面白いなと思います。
こういう行動力というか求心力、これこそがホンダを一躍世界のメーカーにのし上げた
力なんじゃないかなと、最近ホンダの本を読んだりして妙に関心。

ホンダのインサイトは現行プリウスより、燃費性能では劣ります。
が、プリウスよりもはるかに安い値段設定で、まさに市民権を確実に得たハイブリッドカー。
全てをコストダウンさせることで、200万円以下の設定になっているところが
やはりすごいなぁと感心してしまいます。ウルトラグリーンというオイルもすごいっ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする