インプレッサ Rデフオイル漏れ修理・パッキン交換

c-log1045-13

インプレッサです。
車検で預かりましたが、Rデフからオイルがかなり漏れていたので
修理することに。

c-log1045-01
ご覧の通り

とりあえず、パッキン類を交換しないといけないので、デフを車体から降ろす

c-log1045-02
まずはデフオイルを抜く

c-log1045-03
必殺、足回りは一切いじらないでデフだけを降ろそう作戦です。
マフラーは外さないと駄目

c-log1045-04
ミッションジャッキで降ろしていく。ドライブシャフトを抜くためにはかなり下のほうまで降ろさないと駄目

c-log1045-05
このくらいまで降ろせば片方ずつドラシャが抜ける

c-log1045-06
抜けた状態

c-log1045-07
とりあえずOリングとオイルシールしか届いていないので、サイドシールの修理から

c-log1045-08
デフミッドはもれていなかったのでOK。

c-log1045-09
このOリングを交換するのです

c-log1045-10
Oリング

c-log1045-11
デフ側につけて組むと脱落しやすいので、こちら側にセット。
シムの上にセットする

c-log1045-12
とりあえず左右やってここまで。
後ろ側はパッキンがまだ届かないのです。

c-log1046-14

インプレッサのデフオイル漏れ修理の続きです

c-log1046-01
Rカバーのパッキンを交換するために、まずはエア抜きを外す。
これを外さないとネジが回せない

c-log1046-02
あとは14mmのネジで止まっているだけ

c-log1046-03
パッキンを交換します

c-log1046-04
中のデフオイルを完全に抜く

c-log1046-05
到着したパッキン

c-log1046-06
古いパッキンを外して、取り付け面を綺麗に掃除します

c-log1046-07
新しいパッキン

c-log1046-08
Rデフの中です

c-log1046-09
パッキンを取り付けて合体

c-log1046-10
コレでパッキン類は全部交換したので、車両に搭載

c-log1046-11
とりゃ

c-log1046-12
搭載完了

c-log1046-13
新しいデフオイルを入れて、Dレンジに入れてリフト上で20分くらいから回ししておいたけれど漏れてこないので作業完了

インプレッサのデフオイル漏れ修理でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする