MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

車の中に積んでおきたい道具

time 2014/11/25

車の中に積んでおきたい道具

本日は車の中に積んでおきたい道具を紹介したいと思います。鉄板アイテムばかりですけどね。

incar-goods

なんでそんなことを思いついたかというと、お客さんの車の定期点検をしているときに、トランクにブースターケーブルや三角板が置いてあったからです。この人はわかっているな。と感心しました。

ということで順番に紹介です。

1、ブースターケーブル

これこそ必ずといっていいほど積んでおいた方がいいアイテムです。もし出先でバッテリー上がりにあってしまったら、周りの車に救援をしてもらえれば助かります。ですが、ブースターケーブルがないと、バッテリーのジャンピングすらできないわけです。バッテリー上がりなんかでJAFを呼ぶ必要なんかありませんよ。ケーブルは常備しておきましょう。

2、三角停止板

これは主に高速道路で役に立ちます。もし高速でエンコしてしまったら、これを車の後方に置いておけば後続車から気づいてもらえます。いわば身を守る為の道具です。

3、クロスレンチ

車の運行前点検で一番重要なのがタイヤの締め付けです。特にタイヤ交換をした後は緩みやすい。と、いうかタイヤ交換をしたら100km程度走行した後に増締めをする必要があるんです。ネジは基本的に時計回りです。クロスレンチを1本常備しておけば、パンクの際にも役立ちます

4、牽引ロープ

牽引ロープはスキー等雪山に行く人にお勧めのアイテムです。雪山でスタックしてしまったら、後ろから走ってくるいかにも4WD系な車に引っ張ってもらいましょう。その際に牽引ロープがなければ無理ですので、車に積んでおくのがいいということです。

5、パンク修理キット

これも万が一の為に入れておくと安心です。車がふいにパンクしてしまったら、このパンク修理材を使えばある程度はエア漏れを防ぎつつ、空気を補充することができます。タイヤがぺちゃんこになる前に、使うといいでしょう。

スポンサードリンク

と、この辺りを車のトランクに積んでおけば、ある程度のトラブルにも対処できると思います。ちなみに僕は牽引ロープ以外は全部積んでます。車が4WDなので、そう簡単にスタックしないと思っているのでまで牽引ロープは持ってません。ですが近年スキーにはまっているので安いものでも買っておこうかなと。

みなさんも少しずつでもトランクに入れておきましょう。

 

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ