インジェクタークリーナーを年に2回以上入れています。

家で使ってるファミリーカーはレギュラーガソリン仕様車です。

ファミリーカーなので、特に急いで移動することもないし相当な負荷をかけるわけでもありません。車として普通に使えれば全然OKなので、当然ガソリンもレギュラーガソリンを入れています。

昔スポーツカーに乗っていた頃などはハイオクを入れていました。レギュラーとハイオクの違いってご存知の方も多いと思いますが一番はオクタン価の違いです。

オクタン価が違うとどうなるか?一般的にオクタン価が高いほど、高性能エンジンに使われています。オクタン価にはノッキングに どれだけ強いかということに置き換えて考えればわかりやすい。

エンジンにとって異常燃焼のノッキングは大敵です。圧縮比を高めると燃焼効率はよくなりますが、ノッキングが発生しやすい。それを緻密な点火コントロールとハイオクで制御しているのが高性能エンジン。

レギュラーとハイオクの違いはこのオクタン価だけではありません。中に添加されているものも若干違う。各石油元売りのハイオクを見てみると洗浄性能が高い、カーボンがつきにくいなどといった特色をもっています。

つまり、レギュラー車であってもハイオクを入れるとどうなるか?これはパワー的にはあまり変わらないけどエンジンはクリーンに保つことができるということですね。普段使いにはオーバースペックなのは間違いないです。

一般的にレギュラーガソリンとハイオクの単価はリッターあたり10円程度になります。我が家で使ってるシエンタさんはガソリンが空になって入れると40リッター以上はいります。1回で400円超えくらいの差額が生じてきますね。ハイオクを入れたとすると。

年間走行距離を考えると、ハイオクを入れた場合とレギュラーを入れた場合の燃料差額は相当なものになってきます。この差額分という訳ではないですが、燃料添加剤をたまに入れています。

燃料添加剤って、満タンになったガソリンタンクに入れるだけのお手軽さです。

気をつけないといけないのが、変な添加剤をいれないこと。下手な添加剤を入れると燃料とうまく混ざらなくて燃料タンクの下に沈殿するというケースもあるそうです。

僕はいつも入れているのはKUREのインジェクタークリーナー。

ワコーズのフューエルワンも相当効くと言われていますが、インジェクタークリーナーはお手軽に使える価格でおすすめ。

今日も一本入れておきました。

インジェクターのつまりを防いでクリーンに保ってくれます。エンジンオイルを入れすぎたりするとブローバイが過多になり、インジェクターを詰まらせることがあります。

燃料系統のメンテナンスって基本的に添加剤に頼るくらいしかなかなかできないので、たまに入れるだけも気持ち的にいいかな。

中古車で買ってもう時期3万キロ弱のりました。今のところ大きなトラブルは何も出ていません。

ちょっとした気遣いで、愛車の寿命を伸ばせるのでおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ロロ より:

    いつも楽しみに読ませていただいています。MHOさんは、インジェクトタークリーナーを使用されてるとのことですが、安いというなは一番の魅力ですよね!全く同感です。ただ、呉工業のHPを見ると新製品のパーフェクトクリーンDXやスーパーパーフェクトクリーン(インジェクターの他、バルブやピストンヘッド洗浄効果があるようです。)などもあるようで目移りしてしまいます。このような商品はどう思われますか?インジェクタークリーナーで必要十分ですかね?

    • MHO より:

      今度少しずつ添加剤を試して、YouTube動画として製作していく予定です。とりあえず1つ目を編集しています。

  2. naoyan より:

    はじめまして。
    間もなく6万キロになるスカイアクティブプレマシーに乗っています。
    最近、アイドリングが少し不安定な気がして、エンジンコンディショナー吹いてみようか?FCR-062入れてみようか?などと思っていますが、インジェクタクリーナーも良さそうですね。

    • MHO より:

      電子制御スロットルの場合、エンジンコンディショナーをスロットルに吹き付けるのはまずいです。
      燃料タンクへ入れるインジェクタークリーナーなどの方が安全かと思います。

      • naoyan より:

        返信ありがとうございます。
        危ない所でした。ブレーキ負圧のホースを外して、そこから入れている使用例を見て、何でかなぁと思っていました。

        とりあえず、添加系を試してみようと思います。

        • MHO より:

          ブレーキ負圧ホースから直接燃焼室へ注入するタイプはO2センサの負担が結構すごいです。量を間違えるとものすごい白煙をふきます。体験談です(笑)