MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

インジェクターのOリングについてのアレコレ

time 2016/08/25

インジェクターのOリングについてのアレコレ

ガソリン自動車の燃料系統を触ったことありますか?一番手軽なものは、燃料フィルターの
交換なんだと思いますが、燃料フィルターを燃料ホースから外すのって大変だったと思います。
普通の冷却水のホースやバキュームホースとはまったく違うくらい固くはまっている。

正確に書けば、固くなっているというか、ガソリンによって油分が希釈されているということ
になってくるんですかね。貼り付けのホイールバランスのウエイトを貼り付けるとき、
脱脂に使うのはガソリンが多い。パーツクリーナーだと完全に油分を落としきれないから
ガソリンを使います。

sb-log909-01

それだけガソリンは油を脱脂するともいえます。気をつけないといけないのは燃料系統の
漏れ。車の液体の中で一番漏れてはいけないのが燃料です。ガソリンは揮発性が高く、
すぐに火がついてしまいます。

最近の車の燃料ホースはジョイントになっています。燃料ホースにはジョイントを
つけてあり、そこからパイプへと接合している。最後はインジェクターへと流れていきますが、
デリバリーパイプに固定されたインジェクターは吸気ポートの穴へ取り付けらる時、

ゴムのOリングだけでガソリンを密封しています。このインジェクターのゴムのOリングが
劣化するとここから燃料が漏れ出す。最近燃料臭いなと思ったらインジェクターのOリングを
点検してみてください。最近のV型エンジンになってくると、たどり着くのが大変だと
思いますけど。

たまにはインジェクタークリーナーを入れて、洗浄するのもいいですよ

 

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ