インジェクターのOリングについてのアレコレ

ガソリン自動車の燃料系統を触ったことありますか?一番手軽なものは、燃料フィルターの
交換なんだと思いますが、燃料フィルターを燃料ホースから外すのって大変だったと思います。
普通の冷却水のホースやバキュームホースとはまったく違うくらい固くはまっている。

正確に書けば、固くなっているというか、ガソリンによって油分が希釈されているということ
になってくるんですかね。貼り付けのホイールバランスのウエイトを貼り付けるとき、
脱脂に使うのはガソリンが多い。パーツクリーナーだと完全に油分を落としきれないから
ガソリンを使います。

sb-log909-01

それだけガソリンは油を脱脂するともいえます。気をつけないといけないのは燃料系統の
漏れ。車の液体の中で一番漏れてはいけないのが燃料です。ガソリンは揮発性が高く、
すぐに火がついてしまいます。

最近の車の燃料ホースはジョイントになっています。燃料ホースにはジョイントを
つけてあり、そこからパイプへと接合している。最後はインジェクターへと流れていきますが、
デリバリーパイプに固定されたインジェクターは吸気ポートの穴へ取り付けらる時、

ゴムのOリングだけでガソリンを密封しています。このインジェクターのゴムのOリングが
劣化するとここから燃料が漏れ出す。最近燃料臭いなと思ったらインジェクターのOリングを
点検してみてください。最近のV型エンジンになってくると、たどり着くのが大変だと
思いますけど。

たまにはインジェクタークリーナーを入れて、洗浄するのもいいですよ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする