スペアタイヤが付いていない車にはJAFの加入をおすすめしたい

何度も何度もスペアタイヤの重要性を記事にして書いてきました。スペアタイヤがないと、タイヤがバーストした時にレッカーで運ばれるほか手段がなくなってしまう。

パンク修理剤が使える範囲のパンクだったらいいし、ランフラットタイヤだったら問題ないです。

だけど現場に電話がかかってくるのは、そうではなくバーストが大多数です。そこで、JAFの加入をおすすめしたくなるのです。この前JAFの事を調べていたら、劇的に進化してることがわかったのでちょっと紹介。

まず従来の会員証がスマホによるデジタル会員証になったというニュースは知っていました。これ、便利ですよね。物理的の会員証だと無くしちゃったり、会員番号がすぐにわからなかったりする。そういう心配がなくなります。

今回、特筆したいところは、救援要請をいつの間にかアプリでできるようになっていたことです。

JAF

iOS、アンドロイドのどちらでもアプリがあります。ここに会員情報を入力しておけば、スマホの現在位置を検索して救援に来てくれるわけです。

さらには細かい依頼もアプリでできるようになっていました。

大まかなメニューがあり、そこから選択をしていくようになっています。これ、いいなぁって思います。うちの会社にもこういうアプリがあればいいよな。

出張の救援要請は、うちの工場だけでも1日に1件はあります。それがアプリ上でできればとても便利ですよね。

例えばバッテリー関係を選択すると、交換をするのかつけがけだけでいいのかなど細かく依頼をすることができる。

これって、双方にメリットがありますよね。JAF側としてはアプリ上で問診ができる上に、現在位置情報を検索できるから、持っていく装備や正確な場所を把握できる。

最寄りのJAF工場へ依頼を出して、最短で現場へ急行してもらうことが可能です。

さらには非会員の場合、サービスを使ったらどの程度費用がかかるのかもわかりやすい。まさに救援業務が主なJAFならではのアプリ。これを作った人は天才か!?

ということで、僕は今はJAFに入っていません。もし自分が車屋さんを引退して、スペアタイヤを積んでいない車に乗っていたとしたら加入すると思います。

保険会社のロードサービスも当然ありますが、遠方で困った時などはJAFに頼むことがあるかもしれない。年間4000円で安心を買えるなら、そうしたいですね。

今僕はほとんど車に乗っていないので、あまり必要性は感じません。

ですが、車を使う機会が多い人やスペアタイヤレスの車。さらには遠方に行く機会が多い人は加入しておいたほうが安心です。アプリもこれだけ進化しているので、使いやすくなっています。

JAF

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    JAFの会員に入っています。
    圧倒的にバッテリー不良での呼び出しが多いんですが、1回だけ鍵の不良での呼び出した事があります。そこまで走って行ったんですが、いったん降りて鍵を抜いたら何をやっても回らない。JAFもパーツクリーナーでキーシリンダー掃除や5-56攻撃もしましたが回らない。
    結局ディーラー搬入されて、キーシリンダーからカギ番号を探りキーを作成して解決でした。原因は鍵の磨耗といわれました。

    • MHO より:

      鍵が減っていると、どうしようもできない場合が多いですね。JAFであっても如何ともし難いでしょうね。