自賠責保険と任意保険

自動車を乗る上で、保険というものは2種類あるわけでございます。
まずは自賠責これは、強制保険で加入していないと車検すら受けられないので、車検を通している車は必ず加入しているはず。
そして、次に任意保険。これはまれに入っていない人もいるみたいですが、ほぼ80%位の人は加入しています。

sb-log550-01

自賠責保険でも、ある程度被害者を救済することはできますが、それだと足りないので
任意保険への加入が一般化されていると。

任意保険は等級に分けられて、危険度の高い車にかけるほど掛け金が高くなるということです。
今でも覚えているのが、免許を取って、愛車のFD3Sに任意保険をかけたときの金額。
確か10万円を超えたのを覚えています。
そして3月に今度は今乗っているカプチーノの任意保険が継続になります。年齢も30歳を
超えたということもあり、掛け金は19410円まで下がりました。なんと5分の1。
任意保険まで加入しておいたほうが絶対にいいです。

僕の会社の同僚も親御さんが交通事故で被害者にあって、下半身不随になってしまった。
しかし、加害者は任意保険に入っておらず賠償してもらうことができずに雲隠れして逃げてしまったということらしい。

さすがに個人資産で賠償するのは厳しくなってくるので任意保険には必ず入ることをお勧めいたします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 元スバルの糞メカニック より:

    前の職場の営業がインプレッサWRXが出る直前に
    保険料率を見たところ、FDサバンナや、スカイラインGT-Rと
    同じランク・・
    つまり、事故要注意車両のランクに入っていました。