MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

自動車産業の行く末

time 2014/11/26

タイトルの通りちょっと重い題材です。
自動車産業の行く末
現在日本が誇る技術力として自動車産業界があります。トヨタなど目を見張る成長ぶり。
しかし技術力の日産も負けてない。何せ昔はトヨタと肩を並べていたんですからね

そしてホンダエンジンテクノロジー。
スバルの4WDと水平対抗エンジン。
マツダの世界唯一ロータリーエンジン。
三菱の先進性と高い4WD技術

ダイハツ、スズキの軽自動車技術。

どれを取っても日本の宝。至高のテクノロジーです。しかしモータリゼーション、
バブル時代の盛り上がりはどこへやら、
今自動車産業界はとても厳しい状況にあると思えます。

前にも話したカーシェアリング、若者の車に対する興味の薄さ、そして原油高による販売不振。
まさにこれからは自動車氷河期を迎えてしまうのではないかと心配してしまいます。
車を持っているととにかくお金はかかります。毎年の自動車税、車検費用、そして任意保険。
これが必要最低限の維持となり、ガソリン代からメンテナンス費用。
車を持っていると持ってないとでは年間の経費が相当違ってくるのも事実です。

スポンサードリンク

とどめは格差社会による収入低下層。つまり派遣、パートでは車を維持が物理的に出来なくなってしまう。
やはりランニングコストはかかるもの。これからは省燃費じゃないと話しになりません。
これからの転機となるのはガソリンに代わる動力源燃料。
それは今はハイブリッドが一歩リードですが、プラグインハイブリッドがデビューしたら急速に普及すると思います。
プラグインハイブリッドは家庭のコンセントから車のハイブリッド走行用バッテリーに充電ができるもの。
つまりモーターのみの走行距離が伸びているハイブリッド。
これにより深夜電力で充電してモーターで会社にいけば下手な話
ガソリンは使わなくても大丈夫になってしまいます。
トヨタのプリウスがもはやカウントダウン状態で、今プリウスを買うのならもう少し待って
プラグインハイブリッド仕様を買うべきです。ランニングコストはさらに安くなるでしょう。

それにしてもスポーツカーにときめく若者がいないというのも困りますね。
それだけ今の車に特別なオーラを放った車が少ないというわけか…

何にせよこれからは若者の人口は減っていく。需要が供給を上回るなんてこなくなる。
このことを重く捉えて車業界はやっていかないと、潰れていく
車屋さんは増えていくだろうと容易に予想がつきますね。

ガソリンエンジンの時代も転換期を迎えつつあるのかもしれない…
自動車用品の購入にはMHO-SHOPをどうぞ

sponsored link

コメント

  • みんな田中角栄のせいですね! あいつが新潟に高速道路と新幹線通すために車に重量税をつけたり、それでもあきたらず、ガソリンに暫定税率つけたりクルマを税金でがんじがらめにした張本人! 自分は某航空機会社からものすごい額のワイロもらってのほほんと・・。極刑に値します!
    建築関係が贈賄や収賄をしても30万円の罰金さえ払えばおとがめなし! とても自分たちにはつごうのいい法律までこしらえてくれました。

    by Jean-luc €2016年7月31日 10:08

    • 田舎は車がないと大変に困りますからなんとかしてもらいたいです

      by MHO €2016年8月1日 22:20

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ