ジムニー ステアリングギヤボックス交換

スズキのジムニーです。
車検で預かりました。

平成2年式くらいで、結構痛んでいました。
マフラーに穴が開いていたり、
パワステのオイルが漏れていたりしました。

c-log664-01
ジムニー

現行のジムニーは電動パワステなので
パワステオイルというものはありません。

この時代のジムニーは油圧のパワステなので
パワステオイルが使われています。

そのパワステオイルが漏れていたんですが、漏れていたのがステアリングギヤBOXから。
なのでリビルトのステアリングギヤBOXを発注しました。

c-log664-02
因みにマフラーは触媒つきなので7万円もする

c-log664-03
ステアリングギヤBOXリビルト

c-log664-04
ステアリングギヤBOXはラジエターの横。
運転席側のエンジンルームの先端にありました。

ラジエターは下ろさないでも引っこ抜くことができます。

クーラントのサブタンクは外しましょう

c-log664-05
ギヤBOXにはパワステホースが取り付いています。

全て取り外します。あとステアリングシャフトとの結合部分も
外します。

c-log664-06
ピットマンアームは再利用。
これがテーパー状にはまっているので全然抜けない。
プーラーでは到底無理。油圧プレスで引っこ抜きました。200kgくらい
力をかけたら

ばきーん

というすさまじい音と共に抜けたピットマンアーム。

c-log664-07-1
あとはリビルトのギヤBOXに取り付けて
はめかえるだけ

完成したらパワステオイルを入れてエア抜きをして、
ハンドルのセンターをきっちり出して終了。
サイドスリップは狂わないはずです。

さほど難しくはありません。

ステアリングギヤBOXの交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする