MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

自転車を始めて本格的に直してみた

time 2016/04/30

自転車を始めて本格的に直してみた

本日自転車を直しました。
僕が10年前に買っておいた自転車を実家から持ってきてOH。初めて自転車を直してみた。
高校の頃一度パンク修理を親父がやっていたのを見よう見まねでやったことがある。しかし失敗した。
理由は今でもよくわからない。パッチを張るときに、接着剤が乾く前に貼ってしまったのがいけなかった。
本日自転車を直したメニューは2つ。タイヤのチューブを入れ替えるのと、ブレーキワイヤーを取り替えるという作業だ。

sb-log747-01

子供の自転車を塗装しなおした時に、分解したことがあるので、構造はなんとなく理解できている。
簡単なフロントタイヤから外しにかかった。タイヤを外してチューブを取り出すと、チューブの下にシールがある。
リムフラップというものだ。これがボロボロになっていた。そりゃ12年も前の自転車だし屋外に放置していたから無理もない。このリムフラップがないと、チューブがパンクする可能性がある。
すぐにホームセンターで買ってきた。1台分で260円。これで材料費がチューブ400円×2。
ワイヤー100円×2。リムフラップ260円の計1260円となった。タイヤも外してみたら相当ひどい状態であった。

これはよくないなぁ。でもタイヤは1500円くらいした。しかも一本だ。この辺では自転車の格安タイヤなんか売っていないし。タイヤはそのままで、チューブを入れて組み込むことにした。
リヤタイヤの取り外しはちょっとコツが居る。チェーンを外しながらじゃないと駄目だ。ワッシャーやナットがどのような順番で取り付いていたかをよく確認。

最後にブレーキワイヤーを交換した。こんなもン車のヒーターコントロールワイヤーと同じだろうと思っていたら、最初は意味が分からない。買ってきた汎用品はあきらかにワイヤーの長さが長い。ブレーキレバーはすかすかだ。
調整の仕方がイマイチ分らない。

なんとか、最後のワイヤーを引っ張りながらナットを締め付けてブレーキの当たりを出すことに成功。
説明書が書いてあるけれどイマイチわからなかったけど我流で直った
やはりタイヤの状態がよくなかった。走ると後ろはゴツゴツして乗り心地が良くない。でも1260円で自転車が直ったのだからよしとしよう。結構面白かった。自転車の修理でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ