純正ホイールのいいところ

本日は純正ホイールについて。

c-log650-01
このタイヤとホイールは純正であるか
○かXか?

これは×

社外のホイールです。

c-log650-02
これはどうか?

これは純正ホイールです。

見極め方はココ

c-log650-03
純正ホイールはハブの穴がぴったり

c-log650-04
社外ホイールはハブの穴よりもセンターの穴が大きい。
つまり汎用品。

PCDとオフセットさえ合っていればほかの車にも装着が可能です。

この違いは何か?

純正ホイールというのは、ハブにぴったりとはまるように
作られています。いやいや鉄チンホイールと侮るなかれ、
ハブのサイズとセンターの穴のサイズはどんぴしゃ。

つまり、ホイールナットを取り付けなくても、確実にタイヤはセンターを出して
はめられていると。

社外ホイールはハブの穴よりもセンターの穴が大きいため、
ホイールナットで確実にテーパー部分でセンターを出さないと
タイヤがセンターがあった状態ではまらないんですよ。

これがナットの取り付け面が錆びて上手くセンターが出なかったりすると
危険ですよね。タイヤが真円を描かないで回転していることになる。

特に安いアルミホイールなんかそう。ハブの穴はあっていない。
アルミだからホイールナットを強く締めるとどんどんとナットの取り付け面は広がっていく。
きちんとしたホイールナットを使用しないと、タイヤのセンターが出ないんですよ。

よくよく考えたらかなり怖いことだよね。
これで高速走行なんかしているんですよ。普通に。

純正ホイールって言うのは確実にセンターを捉えて、タイヤを装着することができるホイールなんです。

純正を馬鹿にしちゃいけないんだよ。
性能はやっぱり純正のほうがぴったりに作られているんだからね。

本日は純正ホイールと社外ホイールについてでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    純正ホイールはスタッドレス装着時、重宝します。
    ただでさえ振動が大きいタイヤに、振動が出にくいホイールの組み合わせですからね。

  2. Jean-luc より:

    純正でアルミホイールがついているのもそうなんですか?