MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

純正オイルと社外オイル

time 2014/10/29

純正オイルと社外オイル

toyota-oil nissan-oil mitsubishi-oil daihatsu-oil

subaru-oil suzuki-oil honda-oil mazda-oil

 

今回は純正オイルと社外オイルについて
オイルはそれこそ種類でいうと数え切れない種類発売されています。
その中で純正オイルはどうなのか?

純正オイルの多くは鉱物油です。しかしながら、車やエンジンを作り上げた時、
車両のエンジンに入れられているのが純正オイルです。

車が出来上がったら各種テストを行います。そのテストは過酷なものもあり、
テスト中にオイルの潤滑が悪くてエンジンが壊れてしまっては元も子もありません。
もし新エンジンのテスト中にある純正オイルを入れてブローしてしまったなら、
そのエンジンにはその純正オイルは指定オイルとして明記されないでしょう。
そのオイルではなくもう一つ二つ性能ランクの高いオイルがそのエンジンや車両には純正指定されると。

新しい純正オイルのテストならいざしれず、車両やエンジンの試験なので
ブローの原因がオイルだと困るわけですね

なので車両の過酷な試験に耐えられ、普通に使っているかぎりエンジンを壊さない保証があるのが

純正オイルというわけになります。

ただ、メーカーが考えている以上の使い方、サーキット走行などそういう使い方には純正オイルの
性能で果たしてどこまで潤滑が保証できるかは定かではありません。
チューニングメーカーなどの高性能オイルはサーキット走行などを視野に入れてつくられているので
純正オイルでは不安な走行時は定評ある社外オイルを使うのもいいかと。

僕は昔は化学合成油だけしか使いませんでした。それは鉱物油の性能を信頼してなかったことと
ハードに車を使用していたためです。今は安い鉱物油をエンジンにいれています。
ただしメーカー純正オイルがほとんどです。
きっと車屋を辞めたらまた化学合成油しか使わないかな。そう思います。

一度実際に試してみたいのが新車を二台買って一つは鉱物油を入れ続け、
もう一つは化学合成油を入れ続ける。そして10万キロ走行後にそれぞれエンジンの圧縮を計って、
新車時とどの位変化がでるか試してみたいです。

オイルの違いでエンジンの磨耗はどこまでかわるものなのかが知りたいと思います。

MHOショップでは高性能エンジンオイルを低価格にて販売中。純正オイルも販売中

エンジンオイル

オイルフィルター・エアクリーナーセット

オイルフィルターもエアクリーナーとセットでの低価格化を実現
この機会に是非ご検討くださいませ。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ