MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

各種添加剤について考える

time 2015/03/05

各種添加剤について考える

本日は各種添加剤について考えてみたいと思います。世の中に車に使用する
添加剤というものは、まさに星の数ほど出ています。
エンジンに添加するもの、冷却水に添加するもの、ブレーキオイルに添加するものパワステオイルに添加するもの、ATFに添加するもの、燃料に添加するもの、ミッションオイルに添加するもの、ギヤオイルに添加するものと、液体系全てにおいて添加剤は存在している格好になっています。

tasoukousya1

添加剤について面白い思いつきは昔WEBで発表しましたが、レギュラーガスを入れて
その差額で燃料添加剤を入れてみる。燃料添加剤の中にはオクタン価を上げるものも中には含まれていたりします。レギュラーとハイオクの値段差はリッター10円としても
40リットルも入れば添加剤を入れてみてもいいかなと思ったりして。
当然信頼できるものであるということが前提。あと直噴エンジンは避けた方がいいも。
直噴のインジェクターはかなりナイーブに出来ていて、詰まったらもうそこでアウトになってしまう。
逆にマルチホールインジェクターについては吐出量が減ると燃料がリーンになるのでたまにはインジェクタークリーナーを入れてみてもいいかもしれない。

 

スポンサードリンク

 

エンジンオイルについてもそう。真夏の暑い季節など、エアコンを入れたりしてエンジンにかかる負荷は想像以上になってきます。なので、真夏が訪れる前にオイル添加剤をドーピングしておくなんて粋な計らいをしてもいいかもしれない。
それとやはり多走行になってきたら、各種添加剤を試してみてもいい。ピストンリングはある程度ゴミが詰まると固着気味になってきます。そのまま固着してスティック現象が起こったらエンジンブローにつながりますので、長く乗ってきたらピストンリングの固着をおとすという意味を込めて、洗浄性を含んだ添加剤をいれるのもよし。
オイル漏れが発生して予算がない場合、漏れ止めをとりあえず入れるのもよし。
ただターボエンジンについては油路が狭いので気を使う必要があります。あと可変バルブ機構もそう。

昔は親父にミッションとデフにはモリブデンを入れるといいぞなんて吹き込まれたりもした。
モリブデングリスはかなり強力です。今はミッション・デフについては添加剤を入れていません。
あまり酷使しないし、1万キロに一度は交換していますからね。
添加剤って結構面白いんですよ。いろいろとデータを取ってみると分からなかったことが分かってきたり新しい発見があったりします。とりあえず試す場合は信頼の置けるメーカーのものを選んでください。
本日は添加剤を考えてみました。

sponsored link

コメント

  • 私が現役の時に変人呼ばわりされた原因は、
    配属半年目には添加剤マニアになっていたことでした。
    スバル指定の物を全部試したり、出入りの業者勧める物のモニターもしてました。

    by 元スバルの糞メカニック €2015年3月18日 21:09

    • 自分も最近では自分自身で試してみるようにしています。
      やっぱり体験してみないとおすすめできないでからね。でもまがい物が多くて・・。

      by MHO €2015年3月19日 21:06

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ