MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

完成された車を買う

time 2015/03/23

本日は完成された車を買うという意味深なタイトルで行きましょう。
まず完成された車を買うということですが、車は当然完成品。その完成された車を買うこれは一体何をいいたいのか?
ということになってきますが、車というのは固体によってあたりはずれがあります。
現場で整備しているとわかりますが、明らかにこれは外れの個体だというのがあったりします。
車種単位で話をしていくと、サイトの中にもありますが、この車のここが弱いというところ。つまり同じ不具合を一斉に起こしてしまう。
一歩間違えばリコール寸前。リコールなら無償修理になりますが、リコール手前だと保障が切れているとオーナー負担になってしまいます。

そして一番ありえないと思った外れの個体がありました。それは納車して1000kmを走らないうちに
ミッションから異音が発生してきたというもの。
車種は控えておきますが、そのオーナーは車には少しこだわりがある人で、尚且つ運転技術も高い。
オーナーに言われて、車に乗ってみると明らかにミッションのカウンターシャフト当たりからの異音。
おいおいおいおいであります。これは当然ミッションをクレームで載せ換えとなりましたが、いくらクレームでもミッションを載せかえるというのは嫌ですよね?すべて完璧に行ったとしても
人間が復元していくものだし、なれた人が作業するかわからない。そういったストレスを抱えます。

では完成された車とは何か?
ここでは熟成されたという意味合いになってくると思います。
まず発売されたばかりの車はちょっと敬遠しておくこと。いくら欲しい車種であっても様子見。
評判やマイナートラブルが表立ってでてくることがあります。それを受けてメーカーでは改善をしていく。
この繰り返しが車を完熟させていくのです。なのでデビュー当初は避けた方がいい。
ある程度台数がはけてきたら、買うのがいいのかなと。思います。理想はフルモデルチェンジの手前。
価格は下がってきているし、個体としてかなりの完成度を誇っています。
どうしても早く乗りたい場合は別として、やはり人間が作るものだけあって探りを入れてから
購入に踏み切るのが、完成された車を買う手段だと思います。

sponsored link

コメント

  • 会社で去年新車で購入した車のミッションがそうなりました。
    最初ブレーキパッドが無くなり、座金がキャリパーに当たってる様な音でしたが、ミッション内部からの音と判り、トルクコンバーターとセットで交換(その後のクレームを避けるためでしょう)となりました。
    自分のRF3も1速の特定条件でのみ異音が発生し、ミッションマウントかハブベアリングでありますようにと祈っているところです。
    3万キロ毎にATF交換していますので、ATとは考えられない(考えたくない)のです。

    by 愛知の事務員 €2015年3月23日 15:15

    • ミッションからの異音というのは怖いですよね。
      保証期間中ならば怖いもの無しですけど。

      by MHO €2015年3月23日 20:23

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ