MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

検査員の検査ハンマーの役割

time 2014/12/19

検査員の検査ハンマーの役割

本日のお題はコレだ

c-log157-01
検査ハンマー

車検での検査の際に、検査官がこの
検査ハンマーを持って、車の下回りをかんかんかんかん叩いているのを見たことが
ある人もいると思います。

陸自のユーザー車検で持っていくと、

まずは車のフレームナンバーから始まって、
内装もチェックされます。

そしてサイドスリップ、

ブレーキテスター

スピードメーター計測

排ガステスター

光軸テスター

と、一通りの検査をうけたあと、
検査官による下回りの検査が始まります。

検査官は、この検査ハンマーをつかって、シャーシをかんかんかんかんと叩いていきます。
そしてオイル漏れ、水漏れ、排気漏れなどをチェック、
一通りの灯火装置が動くことを確認して、車検合格となります。

で、本日のお題ですが、

検査官は検査ハンマーで何を叩いているのか?

c-log157-02
正解はネジ、ボルト、ナットです。

何でそんなものを叩くの?

という疑問がでてくると思いますが、
検査官はネジ類を叩くことによって、微妙な音を聞き分けています。

音の違いで何がわかるのかというと、

ネジの緩み

です

試しに自分の車のホイールナットをひとつだけ緩めて

ハンマーで叩いてみてください。

鈍い音がします。

スポンサードリンク

逆に、きちんとしまっているホイールナットは

甲高い高音が響くはずです。

検査官は、ネジのゆるみなどを
検査ハンマーをつかって音で聞き分け、手で感じ取っているのです。

c-log157-03
このように、シャーシに使われている、ネジ類を片っ端から叩いていきます。

そして音を聞き分けて緩んでいないかをチェックしているのです。

実際緩みをチェックするために、それぞれの工具を用意して
ひとつひとつチェックするとなると

1台に費やす時間が膨大な量になってしまいますよね?
検査ハンマーでたたくのはお手軽でいいんです。

 

一本持っていても損はないです。

 

もっともこれは熟練した検査官じゃないと聞き分けられない音ですけどね。

てなわけで、チームMHOもきたるべき検査員取得に備えて、
今から訓練しておこうと思います。

以上検査ハンマーの謎でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ