スペアキーの作り方とキーナンバーの確認方法

本日はスペアキーについての紹介。昔のような車ではなくて、比較的新しい車でスペアキーを作る場合。

一例として。そもそもスペアキーですが、現代の車にはスマートキーと呼ばれる電子キーがあります。そしてそこにくっついているエマージェンシー用のキー。

スマートキーを作るにはディーラーに行かないとダメ。部品で注文することはできますが、イモビライザーの登録や設定はディーラーで行う必要があります。

エマージェンシー用のプレートキーはどうか?

プレートキーを無くしちゃったら、キーナンバーで注文をかけることができるメーカーが多いです。その場合、キーナンバーがわからないとダメです。

新車で買うと、キーに鉄のプレートが付いてきますよね?そこのプレートにキーナンバーが刻印されている。

このキーナンバーがわからない場合、運転席のドアキーシリンダーを外すと確認ができる場合もあります。

今回このスイフトは5から始まる5桁程度の数字がプリントされています。

これがキーナンバーということらしい。今までの場合、シリンダーに刻まれているのがほとんどだったから、こういうプリントタイプは初めて見ました。

少しこすったら消えちゃうくらいです。

このようにキーナンバーがわかれば部品で注文をかけることができます。ただこのスイフトの場合だと、プレートキーでもエンジンがかけられます。

そのためには新しいプレートキーにイモビライザーを登録しないといけない。気をつけないといけないのがイモビの登録って、一気に全てのキーを行うらしいのです。

つまり、新しいキーにイモビを登録したのち、古いキーが出てきたら古いキーのイモビは無効になっているということ。

もし他にもプレートキーを持っているのなら持っている限り全てのキーをディーラーに持ち込んで全部に同じイモビライザーを登録しないといけない。

キーナンバーもわからないし、鍵もない。こうなったらお手上げになってしまいます。とりあえずディーラーに相談しましょう。製造の車体番号から秘密裏にキーナンバーを検索することもできなくはないと言っていました。ただそれは100パーセントではないとのこと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)