ブルーバード シルフィ KG11 ファンベルト交換

ブルーバードシルフィです。
KG11。
今回お届けするのはファンベルトの交換

c-log1089-01
シルフィ KG11 ファンベルト交換

シルフィのファンベルトはサーペインタイン方式。
一本で全ての補機類を駆動しています。そしてそのベルトの張りの調節にはオートテンショナーが使われています

まずはフェンダーライナーを外します

c-log1089-02
ライナーを外したらこんな感じでベルトが掛かっています

c-log1089-03
ベルトの張りを調節しているオートテンショナーに14mmのレンチが掛かる部分がありますので
ロングストレートのメガネをひっかけます


あとは簡単
c-log1089-04
レンチをかけたら左へ動かすと、オートテンショナーが緩みの方向へ動くので
ベルトがたるんだら外します

c-log1089-05
ベルトを外したら、今度は新しいベルトをかける

c-log1089-06
最後にエンジンをかけてみて、ベルトが各プーリーの溝から外れていないか確認。
1つでもずれているとすぐに切れてしまうので注意

簡単ですが気をつけましょう

ブルーバードシルフィのファンベルト交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする