緊急時に容量の大きいヒューズを使っていい?

もし何かの電装品のヒューズが飛んでしまった。
しかし、とんだ容量のヒューズがちょうどない。

seibi-q63-01

容量の大きなヒューズを使ってもいいだろうか?

これって悩みますよね?
そもそもヒューズとは、電装品に過電流がいくのを防ぐもの。
ヒューズが切れるということは、電装品が壊れる可能性がある電流が流れたということになります。
そういう時に、容量の大きいヒューズをつかうと、電装品が壊れる可能性がある大きな電流が流れる可能性が大いにあるわけです。
つまり壊れるかもしれない。

だから基本的にはお勧めできません。

15Aのヒューズが飛んだなら逆に10Aとか小さいもので
試したほうがいいです。

まぁ電装品がこわれても仕方ないってくらい切羽詰っているときや緊急時の応急処置はは自己責任で考えるしかないですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たか より:

    これ、本当に悩みます。

    替えが無ければ、デカいの入れるより使用頻度の少ない同aのと入れ替えた方が良いかもですよね。

    昔の管ヒューズは切れたヒューズにアルミ箔巻いてなんて危険な事してましたけどね💦