金属製の燃料タンクに要注意。たまには水抜き剤を入れる価値あり

燃料タンクの種類って、金属製のものか樹脂製のものかに分かれてきます。

一昔前の車ならそのほとんどが金属製でした。ここにきて樹脂製の燃料タンクもできてきましたけど。

金属製の燃料タンクって、中が錆びるんですよ。

CA320280

燃料タンクの中が錆びると、ポンプが詰まる。そしてエンジンがかからなくなります。

CA320281

ゲージユニットもサビサビです。この車はやはり燃料タンクのサビによって、ポンプが詰まってエンジンがかからなくなりました。

こういう車はポンプを交換しても程なくして壊れます。

燃料タンクごと交換しないとダメです。

CA320285

どうしてそういうことが起こり得るかというと、燃料タンクの中の水分ですね。

常にガソリンを満タンにしてある人ならそんなに問題じゃないんです。燃料が減った状態で長い間放置されているのが最悪。

そういう場合は決まって中に水滴がたまり、タンクが錆びてきています。

燃料タンクが樹脂なら問題ないけど、金属製なら起こり得る故障です。

対策としての水抜き剤

2016-02-01-12

対策としては、燃料タンクの水抜き剤というものがあります。

この手の商品はアルコール系になり、燃料と水と両方に混ざって一緒に燃やすというものです。

2016-02-01-13

水抜き剤は安いので、ぼくは1年に1回は燃料タンクに入れていました。

これでどれほどの効果があるかと言われると、実際に燃料タンクをおろしているわけじゃないからなんとも言えないけれど。

特に長い間乗っていない車などには効くと思うんですよね。

燃料タンクが錆びてくる前に水抜き剤です。

ただ燃料タンクに入れるだけのお手軽アイテムなのでオススメです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)