MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

切れそうなタイミングベルト

time 2015/06/24

切れそうなタイミングベルト

どーですか?
恐怖のタイミングベルト切れです。

c-log642-01
以前5万キロくらいのアルトワークスのF6Aのタイミングベルトが切れたとお伝えしました。
で、この車は8万5千キロのホンダのアクティです。

軽トラックね。
軽トラックと侮るなかれ、ヘッドを下ろすのは大変なんですぞ。

で、タイミングベルトというものは

クランクシャフトとカムシャフトのそれぞれの回転のタイミングを合わせているベルトです。
クランクシャフトが2回転する間にカムシャフトは1回転しかしないんですよ。
それを歯のついたコグベルトでスプロケットを介して
回転して同調させているんですが、こいつが切れたらやばい。

ピストンが上死点まで上がったところで
カムとクランクのタイミングがずれるとバルブがリフトして
ピストンとバルブが接触してしまいます。

バルブクラッシュというんですが、こいつを修理するとなると
シリンダーヘッドを下ろさないと駄目。
最低でもバルブは打ち換えないといけないからね。

車によってはバルブが曲がってヘッドから抜けなくなっちゃうのもあるんですよ。
そうなったら下手したらバルブガイドで抜ければいいけど
駄目ならヘッドすら交換になっちゃう。

で、こんな重要なベルトですが
説明書には10万キロで交換と書いてあります。
でも実際は10万キロ持たないで切れるケースもままあります。

MHOがお勧めするタイミングベルト交換時期は

普通にオイル交換と冷却水の交換サイクルを守って

10年7万キロ

といったところ。オイルを換えていないとエンジンに抵抗がでるから
ベルトに負担がかかる。
冷却水を換えていないとウオーターポンプを駆動しているエンジンは
錆でベルトにこれまた負担がかかって切れてしまうというわけですね。

だから10万キロを待たないでタイミングベルトは交換したほうがいいよ。

で、タイミングベルトって実際どうやって切れるの?
ということを今回はレポートします

c-log642-02
まぁ見ての通りど派手にぶっちぎれちゃっているんですが、
タイミングベルトはまずコマが欠ける様に亀裂が入ります。

そしてコマ欠けが起こって写真のようにぶっちぎれちゃうんですよ。

c-log642-03
ベルトをそっくりかえしてやると
コマの部分に亀裂が走っているのがわかりますね

これがコマ欠けを誘発します

c-log642-04

c-log642-05

コマが欠けると当然点火タイミングも合わなくなり
エンジンがかからなくなります。

どんどんコマがかけて来るとバルブクラッシュ。

そしてベルトが切れちゃうと

そういう順序が大半ですね。

10万キロ走っていなくても
10年も経てばベルトは基本的にゴム製品なので
硬化してヒビが入りやすくなります。

なので7万キロか10年をめどに交換に踏み切りましょう。

以上タイミングベルトの切れ方についてでした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ