MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

気になる車体のきしみ音の原因は・・

time 2016/08/03

最近マイカーに乗っていると、うるさいくらい車体のきしみ音が発生してきているのがわかる。
お客さんでも、きしみ音を直して欲しいという依頼をしてくるひとがたくさん居ます。
車体のきしみ音ってなんなんだろう?というお題で。まずは僕が乗っている車は段差などを乗り上げたら
きしみ音が激しい。加えて乗り心地も最悪だ。では走行距離と年式はどうだろう?

13年式の10万キロオーバーだ。つまり10年10万キロを走っている車である。もうこのくらいに
なってくると車体のきしみ音は当たり前に出てくるのが容易に想像つきます。

それは各部のブッシュがへたって来ているということ。これが一番に考えられる。ゴムで衝撃を
吸収するシチュエーションが、うまく吸収できない。だからきしみ音として発生してくる。なるほど
わかりやすい。続いて車のボディ自体の歪みだ。車って言うのはスピードが出る乗り物で、40km/hで
ブレーキングをかけたときのエネルギーは相当なものになる。

sb-log878-01

そう考えると10年10万キロ走ると相当ボディ自体も歪んでくるのがわかる。ボディ剛性をあげようと
各部にスポット溶接を施しているわけではない。そんなものは100円のボールペンをミクロ単位で精密に
作り上げるようなオーバークオリティになってしまうわけですね。

逆にボディ剛性を高めていくと、ボディ自体に負担がかかる。ゆがみが発生することで吸収される
エネルギーをダイレクトにボディに伝達してくるために、クラックが入ったりするのだ。
13系のシルビアに車高調を入れると、ストラットのアッパーマウント付近にクラックがはいるというのは
結構有名な話。足回りを固めるとこういった弊害が生まれてくる。

つまり、車体のきしみ音っていうのは経年劣化である。全てのブッシュを交換したらどのくらい音が
収まるだろうかはやってみないとわからない。ブッシュの交換は大変な部分はコストパフォーマンスてきにも
あまりいいとは言えない。10年10万キロを走ってきたら、きしみ音がでてくるのはほぼ当たり前。
きしみ音を直すには、発想の転換で、車体のカーペットをすべて剥がして防音剤などを塗布したほうが
コストパフォーマンスにはたけている

sponsored link

コメント

  • 年数を経過した車は、きしみ音が出て当然だと思います。
    たまぁ~に、新車からきしみ音が出てる車もあるみたいですけどね…。
    音は、なれてしまうとそんなに気にならなくなりますが、あまり気分のいいものではないですねぇ!
    ただ、きしみ音ではない車から発せられるトラブルから来る音には気を配っておかないとダメですよね!!
    毎日同じ車に乗ってると、分かるものですけどね!!
    まさに、人馬一体って感じでね!!

    by サンバーTT2 €2016年8月4日 07:22

    • 新車からのきしみ音はいやですよね

      by MHO €2016年8月5日 21:27

  • ローンで買ったレックスを1ヶ月後にタクシーへ追突してから
    段差に片輪乗せる度にフロントガラスのウエストゴムから軋み音が出てました。

    by 元スバルの糞メカニック €2016年8月9日 22:18

    • 原因がわかっていても直しにくいのは歯がゆいですよね

      by MHO €2016年8月16日 08:55

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ