自分の車に個性を持たせるおすすめな方法

自分が乗っている車が、月間販売台数で上位を占めている人気車種の場合、スーパーの駐車場に止めたときなど、どれが自分の車か分からなくなってしまうことってありませんか?

さすがにそんなに極端な例はないかなと思いますが、同じ車種がひしめき合う中で、自分のアイデンティティーを確立するにはどうするか?

周りにある車と同じじゃ車自体の愛着もなかなかわきにくいと思います。
お勧めなのが、あまりお金をかけないドレスアップ。

ホイールを1インチ程度インチアップして、カッコいいものにする。
コレだけでもなかなか、個性が際立ってくるもの。

あまり強力にインチアップをしてしまうと、タイヤ代がかさみます。低扁平になりすぎると、寿命も短くなるし、乗り心地も悪くなります。ドレスアップ目的であれば、強力にやらないほうがいいと思います。
お勧めなのは内装をいじるということ。内装は、毎日車を乗るときに触れるもの。ここをちょっといじると、車に対する愛着がかなりわいてきます。ステアリングやシート、それにシフトノブ。

あとはペダルカバーなんか。ちょっとこだわる人は、カーペットを社外品にするのもなかなかいい。ルームミラーを大きくするのはなかなか実用的ですよね。

そんな中でもお勧めなのが、ステアリングの交換。ただ、エアバッグ警告灯などの絡みで簡単に交換ができなくなってきていますが・・。

ステアリングを交換するのは、かなりの効果があるし、とても愛着がわきます。

まず、交換後のフィーリングですが、明らかにハンドルに伝わってくる感覚がダイレクトになります。ステアリングを交換するだけで、ハンドリングのダイレクトさが一層ますので車の挙動をつかみやすくなるのがポイント。

そして、ステアリングは当然デザインも良くなるし、

「おっナルディつけてるじゃん★」

などと通な人にしかわからない良さをさりげなく伝えることが可能。

純正のステアリングも定価で3万円位しますので、アフターパーツのステアリング以上に高かったりします。場合によってはエアバックをキャンセルするときもありますが、エアバックにホーンパッドが組み込まれている車両を昔車検で預かりましたが、ホーンがパッドが壊れているだけでエアバックも交換で4万円くらいした記憶があります。
だったら社外のステアリングにしては?とオーナーにも一応聞いてみましたけどね。

ステアリングって、こだわると高価なものもありますが、付け替えることが可能なのですよ。逆に言うと、いいものを一生長く使える部品。
車を乗り換える際にはステアリングを純正に戻しておけば次の車にも使えるのがポイントです。

愛着もわく、次の車にも付け替えられる、操作フィーリングが向上する、見た目も良い
ということでステアリング交換を一番にお勧めしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)