MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

個性的なデザインの代償?

time 2015/02/22

個性的なデザインの代償?

今の車って、どれもコレも本当に個性的なデザインをしていると思いませんか?
逆に昔の車って、みんな同じ形が多かったし、似たようなボディーカラーが多く感じた。
フェンダーミラーの白のセダン。パッと見ただけでは、なかなかどの車種だとかは分かりづらかった。
今では殆どの車の車種を言うことが出来ますが、車がなかなか覚えられなかった時期がありました。
会社に入ったころも、○○さんの家のマークⅡを引き取って来い。と、言われたものの、
マークⅡとはどんな形だったか・・・みたいな感じだったんですよ。クレスタにもチェイサーにも似ているし。
カローラとスプリンターみたいな感じですか?よく見るとエンブレムが違うみたいな。
セドリックとグロリアの違いもなかなか分からなかったです。そんな時代があったのに、
今ではみんな個性的な形ばかりですね。

koseiteki-design

個性的というのは響きがいいんですが、
逆を言うと部品単価が高くなってくるということがいえると思います。
シャーシやエンジンは大体共通していますが、ボディの外装パネルに至っては本当にいろいろな形ができた。
ミニバンからワゴン、セダンやら2シーターなど。特徴的なのがヘッドライトですね。
昔はシールドビームだから汎用性があった。でも今はHIDで、ヘッドライトというのは車のデザインを大きく左右する部分なのでみんなとても凝っています。
カプチーノのヘッドライトなんか片側で5万円以上するみたい。ヘッドライト自体もかなり大きくなってきていて、価格がかなり高い。これは割れてしまったら部品代が高くついてしまいます。

もう一つ個性的なのはいいんですが、部品の流通が少ないということ。裏を返せば、
納期に時間がかかってしまう。bBのテールが割れてしまっていたので交換したんですが、テールユニットで注文したらまず、2日かかった。

そして、取り付けクリップが付いていなくて、会社にある汎用クリップがはまらない。仕方なしにクリップを注文したらまた1日よけいにかかってきたなんてことがありました。クリップも汎用品ではなくて専用品を使っていたらしくいやはやな出来事でしたね。

個性はコストを上げるというわけではないですが、部品単体の使い回しが出来なくなることによってやはり部品代は上がっているんでしょうね。個性的故に・・という代償かもしれませんね。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ