後部座席の窓ガラスが一番下まで下がらない理由は単純だ!

後部座席の窓ガラス、なぜ一番下まで下がらない車があるの?

これって、僕の中で素朴ながら???な疑問でした。

もちろん自動車整備士になって少し経ってからその原因がわかったんですけど。後部座席の窓ガラスって、車によっては一番下まで下がらない車種ってありますよね?

僕が今乗っている車も下がりません。これって感覚的に嫌ですよね。特に後ろに自分が座っている時。なんとなく窓ガラスを一番下まで下げて肘をドアの部分にかけるということができませんから。

どうして下がらないの?と。

これは窓ガラスの寸法がドアに合っていないためですね。

正確に言うと、一番下までガラスを下げるだけのクリアランス(隙間)をドアの内部にもたせていないのが原因だったりします。

ドアの中って、現在では補強が入っていたりアクチュエーターが入っていたりいろいろなんですが、単純に寸法の関係というところが多いのです。

ドアの内張りを剥がしてみると

「こりゃ下まで下がるわけないや・・。」と、妙に納得させられました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする