こんな部品がこんな価格!なんでこんなに部品が高い?

この間、介護車の部品を交換しました。
車椅子をリヤゲートから上げたりおろしたりする部品の一つで、小さい小さいダンパーである。
そのダンパー自体がゲートを直接動かしているわけではない。
こんなに小さなダンパーなんて使っているのかーと関心してしまうほどである。
部品も、ディーラー経由で手に入るまで時間がかかった。一番びっくりしたのはその部品代だ。
あんなちんけな小さなダンパーが一つ15000円もするのである。
15000円のダンパーの割には、そんなに使っていないのにすぐに壊れてしまう。
実際僕はこのダンパーの動きを殺すように工夫して、テールゲートを使えるように加工をしてあげた。
こんなもんいらないんじゃないのか?と思ってしまうものなのに片側15000円。
両方交換すると30000円が部品代である。

sb-log540-01

ダンパーを上手く加工して、動きを制限させれば、テールゲートの作動には問題をきたさないのにである。それにしても高い部品だなと思った。
VWのポロの足回りもそうである。ロアアームの付け根のブッシュが良く切れる。
この部品を交換しようとすると、ブラケットASSYで片側3万円位してしまう。
なので、わが社ではブッシュだけを打ちかえるようにしています。これだと部品で3000円位。
ちなみにディーラーではブラケットASSYでの交換しているそうである。高い。
10万キロに1回交換するような部品ならまだいいけれど、これが走行2,3万キロで切れているんじゃたまったものではない。
高い部品というのは、とても高いのである。やはり部品は安いに越したことはないのだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)