整備工賃を浮かすには

自動車整備は工賃としてかなりのお金がかかるイメージがあります。
実際、整備指数表があり、この車のベルト交換は1時間ですよ。という取り決めがあります。
その整備指数1一時間に大体六千円位をかけたのが工賃になります。
タイミングベルト交換4時間なら4時間に六千円をかけて工賃は24000円という計算です。
工賃はバカにならないのでお勧めが一緒に一気に整備するもの。

koutinukasu

タイミングベルト交換ならウォーターポンプとカムとクランクのオイルシールに加えて、
クランクプーリーも一緒に換える。クラッチ交換なら、ディスクとカバーとベアリングの他にパイロットベアリングとミッションマウント。それと一緒にフライホイールを外してもらってクランクのリヤ側のオイルシールの交換。更にはクラッチレリーズシリンダーとクラッチオイル。
工賃は一番奥のクランクのリヤ側オイルシールとプラスアルファ位に収まります。
工賃を浮かせられるのはもちろんのこと、クラッチをオーバーホールだけしたとして、後にクランクのリヤ側のオイルシールからオイル漏れが発生したら
再びミッションを下ろさないといけなくなります。正常な使い方をしていればクラッチは10万キロ位はもつ。
10万キロ走れば各オイルシールも堅くなり劣化を起こしている。というわけで一石二鳥な整備になります。
親切な整備士なら
「この作業を行う際一緒にやったほうがお得な作業はなんですか?」
と訪ねると教えてくれるはず。
それを引き受けてくれる整備士に出会えたら今後も親身になって車に接してくれることは間違いないでしょう。
本日は工賃を浮かすにはについてでした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)