クリア塗装を活用しよう

本日はクリア塗装を活用しようというお題で行きましょう。
まずはクリア塗装とは何か?簡単に説明すると、透明なスプレー。板金行程で一番最後に塗布されるもの。
このクリアですが、普通に缶スプレーでも売っているんですよ。コイツを活用しない手はないぞと。

どのようにクリアを活用するかというと、やはり防錆処理に活用するのが良いと思います。
自分の車の下の辺りを見てください。そうです。サイドシルと呼ばれる通常普通車のジャッキアップポイントを備え付けている場所。ここって、洗車をしてもあまり綺麗に洗わなかったりさすがにここまでWAXをかける人も少ないせいか、大体がクリアがはげかかってきています。
つまり錆びやすくなっているということですね。
このサイドシルの部分にクリアを吹いてあげる。これがなかなか良い。なぜなら、塗膜ができることで錆に強くなるし、艶も再び出る。しかも同じ色の缶スプレーと違ってムラなどになりにくいため
雑に吹いてもそれなりに綺麗になると。

車検をやっていて、下回りを塗装する際に困るのが車高調整サスやダウンサスなどでバネやショックの色が違っている場合。ここは見栄えも大切なので、普通のシャーシブラックは車屋さんでは逆に気をつかって拭かないケースがあったりします。
ボクはサスキットが換えられている場合はここの防錆としてクリアを吹いてあげています。
こうすることによってサスを錆から守ることが出来る。
大体社外のサスが入っているときは錆びているケースが多い。これはやはり黒く塗りつぶすのを懸念してのことなんだろうと思いますが、錆びるのもいかがかなと思います。
そんな時はやはりクリアでしょう。

このようにクリア塗装というスプレーは一つ持っていて損はない一品です。
もし気になるなら、下回りにガンガン吹いてもいい。とにかく錆止めになります。
クリアを活用しない手はない。これを覚えておくのはなかなか良いことだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)