リーフ乗りに朗報か?日産が再生バッテリーを30万で交換

これは朗報か!?

とうとうきましたよ。

日産がリーフの再生バッテリーを有償で交換するプログラムを発表という記事。

現在電気自動車であるリーフは2代目になっています。初代リーフを乗っていた人たちの悩みの種というとバッテリーでした。

日産がリーフのバッテリー交換をアナウンスしてくれないから、劣化していくバッテリーに怯えながら使わざるをえなかった。実際に劣化したバッテリーだと航続距離が極端に短くなってしまい、車としての価値がなくなってしまっていたわけです。

そのため中古車価格も暴落。

とうとう日産がリーフの再生バッテリープログラムを明言したのです。

ソースは以下

日産自動車、「日産リーフ」の再生バッテリーを使った有償交換プログラムを発表

これは日産のHPでの記事になりますので、間違いない情報です。

初代リーフはもはや使い物にならないバッテリーを搭載していた初期モデルもたくさんあります。

そんなバッテリーを24kwhで30万で交換できるとなっています。ただここには工賃が入ってるかどうかは不明。もし工賃が入ってないとしても、心配なバッテリーを交換ができるということは安心につながります。

バッテリーが懸案で電気自動車に踏み切れなかった層もある程度いると思うので、電気自動車の普及へ明るいニュースになったんじゃないですかね。

かくいうぼくも電気自動車が欲しいクチだったので、30万で再生バッテリーを積めるのであれば我が家にも導入したいなぁと。

距離を走る人であれば電気自動車はいい選択肢になります。ランニングコストがガソリンやハイブリッドよりも断然安いので。電気自動車がたくさん出回れば、もっとコストは下がっていくのでこれはビッグニュースなのです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ヤツルギ より:

    はじめまして、いつも楽しく拝見しております。
    我が家はNOTE e-powerを所有しているのですが、リーフのバッテリー交換プログラムには期待大です。
    e-powerは火力発電所(エンジン)を積んでいるので、バッテリーがヘタっても走行は可能な筈ですが、やはりある程度の時期が来たらリフレッシュさせてやりたいなーと思っています。
    e-powerシリーズにもバッテリー交換プログラムができれば、ながーく愛車と付き合えますからね。

    • MHO より:

      バッテリー交換プログラムは期待大ですよね。これができればもっと電気自動車の普及は進むと思います。