売れ筋NO.1のLEDポジション電球を買って試してみたけどこれはおすすめ!

車にはいろいろな電球が使われています。車幅灯、ウインカー、ヘッドライト。テールランプ、ブレーキランプ、ウインカー、バックランプ、ナンバー。

外装だけでも最低限これら電球が使われています。

これらの電球で一番使われているのがT10というウェッジ球。12V5Wのもの。ルームランプの電球なんかもこのT10を採用している車が増えてきました。

どうせ交換するのならちょっとおしゃれなタイプに交換したいなぁということで、Amazonで売れ筋のLED電球を買ってみました。

買ったのはこちらです。

10個入っていて1000円しない安さ。普通のウエッジ球とさほど値段的には変わらない。

ちなみにLEDにするメリットは何か?

・消費電力が少なくなる

・普通の電球よりも長寿命

・見た目がかっこいいし明るい!

LEDのチップがたくさんついています。

いろいろ変えてみます。まずはルームランプ。

ウエッジ球は引っこ抜くだけで外れます。

LEDに差し替えます。

LEDには極性みたいなものがあります。装着しても点かない?故障?と思う前に、180度付け替えてみてください。

うーんかっこいい!

シエンタ スモール球をLEDに交換!

なんせ10個入りなので、いろんな場所を交換できます。せっかくなのでシエンタちゃんのスモールもLEDにしてしまおう!

これが普通のウエッジ球。うーんしょぼいです。夜になるとさらにしょぼく見える。

この車のスモール球は交換がめちゃくちゃ簡単。

スモールが一番上にマウントされてるので、外すのは簡単。

本来ならカプラーを外してからソケットをひねるんですが、配線がつながったままひねって引っこ抜く。

長いソケットです。

ウエッジ球を抜く。

LEDをつける。

スイッチONで点灯しなければ、極性が逆なので180度向きをかえてつけかえる。

いい感じです。ヘッドライトもLEDになってるので、近未来的です。

反対側も付け替えました。

一番前側のルームランプもLEDにしてしまおう。

抜いてさすのみ。

いいですね。

こうやってちょくちょくと細かい仕様を変更していくと、30万円代で購入した車にも徐々に愛着が湧いてきます。シエンタ、なかなかに名車でござる。7人乗れるし整備性も良い。

結果、10個全て使い切ってみましたが全部点灯はOKです。

これはおすすめです。

昔は粗悪品が多かったけど、この手の格安バルブもかなりよくなってるね。

あとは寿命がどの程度かを観察します。実質1つ100円てところです。

追記 夜に点灯してみました

夜に点灯してみました。これ、ヘッドライトじゃないですよ。明るいですね。

とてもT10とは思えない明るさです。さすがLED!これで消費電力が少ないというのだからいいですね〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むきんぽ より:

    いつも、我々DIY族のためになる、お役立ち情報をありがとうございます。
    10個入りとは、安いですね。
    これなら中に1~2こ程度のハズレ品が入っていても、なーんか許せる。

    買おっと。

    • MHO より:

      今、夜に撮影してきましたけどめちゃくちゃ明るかったです。記事に追記しておきました。