レガシィ BMM ライトウォッシャー修理

レガシィ

型式 BMM

ライトウォッシャーが取れたちゃったというので修理


これは修理完了後ですが、ライトウォッシャーっていうのは、ヘッドライトの汚れを落とすウォッシャーです。
たまに高級車についています


バンパーに穴があいちゃっています


これが取れちゃったライトウォッシャーのノズル。

爪が半分割れているけれど、なんとか取り付けはできそうです。


これはフェンダーライナーをめくって、下から覗いた図。

ライトウォッシャーの本体は、クリップ1つと10mmのボルトで取り付けられています


あとはフロントバンパーをうかして、フロント側へ引っ張る


にょろっと


とりあえず本体を外す


そして、蓋とノズルを外して、ノズルを本体に取り付けます


本体の先っぽを引っ張り出して、ノズルと合体。ちょっとヒビが入っているけど大丈夫。

これが車上でやろうとするとうまくはまらない


これで本体を元に戻す。


最後にバンパーの隙間からノズルを引っ張り出して、カバーと合体させれば終わりです。

レガシィのライトウォッシャー修理でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)