レガシィ BP5 タイミングベルト・ウォーターポンプ交換

レガシィ BP5です
タイミングベルトを交換したのでレポートします

c-log1170-01
レガシィ BP5

c-log1170-02
エンジンはカバーに覆われている。カバーを外しましょう

c-log1170-03
続いてアンダーカバーを外し、冷却水をラジエターより抜きます。

c-log1170-04
ラジエターを降ろす準備。ラジエターホースをエンジン側から外していきます

c-log1170-05
電動ファンのカプラーは2つ。

c-log1170-06
補機ベルトを2本外す

c-log1170-07
クランクプーリーを外します。22mm

c-log1170-08
続いてタイミングベルトカバーを外す

c-log1170-09
こんにちは。

1番圧縮上死点にあわせて、テンショナーを外してタイミングベルトを外す

c-log1170-10
今回はオイルシールは交換しません。各アイドラーなどは全部交換

c-log1170-11
ウォーターポンプを外しにかかります。

c-log1170-12
EJ20はウォーターポンプにサーモスタットも内蔵されているので一緒に交換が望ましい

c-log1170-13
新品のポンプに新しいサーモスタットをつける

c-log1170-14
新しいポンプをエンジンにつける。ホースが2本つながるので、ホースを先にポンプにつけてから
エンジンに合体するのがやりやすかった

c-log1170-15
交換するものを交換したら新しいベルトをかけます。

c-log1170-16
ベルトをかけて、最後に赤丸のアイドラーをベルトを押さえながらつける。

オートテンショナーを開放してあげる

c-log1170-17
新しいタイミングベルトに合いマークがついているのでさほど神経質になる必要はないけれど、
クランクを2回転させて以上がないかを確認。各タイミングマークももう一度確認して元に戻しましょう

c-log1170-18
後は復元

c-log1170-19
ラジエターをつける

c-log1170-20
クーラントを入れて、エア抜きをしたらエンジンカバーとアンダーカバーをつけて終わり

レガシィ BP5のタイミングベルト交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)