MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

レガシィ フロントハブベアリング交換

time 2015/05/23

レガシィ フロントハブベアリング交換

レガシーです。
今回はレガシーのフロントハブベアリングの交換を
更新します。

c-log581-01
スバルレガシー

レガシーのフロントハブベアリングから異音が出てきたので
交換しました。

まずはハブベアリングを交換するために、
ナックル単体で抜き取ります。

c-log581-02
まずはナックルからタイロットエンドを落とします。
タイロットエンドとナックルをつないでいるネジには割りピンがついています。
その割りピンをニッパーなどで抜いて、ネジを緩めます。
ネジが緩んだらタイロットエンドプーラーを使うか、
ナックルをひっぱたいて固着を解除してタイロットエンドをナックルから分離。

レガシーだけじゃなく他の車もそう。

c-log581-03
センターのハブのロックナットを外します。
たしか32mm。
インパクトでやれば簡単ですが、ない場合は誰かにブレーキを踏んでもらった状態で
パイプか何かにレンチをつないでおもいっきり回しましょう。
超固いからね。このネジ

c-log581-04
次はナックルとロアアームをつなぐボールジョイントを落とします。
まずは14mmだったと思ったけどネジを外します。

そしてタイヤレバーでこじってやれば
ボールジョイントが落ちます。

c-log581-05
ボールジョイントがおちたのです。

そしたら
ストラットとナックルを切り離します

c-log581-06
上下2本。ネジが上下で違うので注意

これでブレーキキャリパーをナックルから切りはなします。
これもネジ2本

c-log581-07
よいしょっと

あとは車速センサーをナックルから外せば一応
ナックルはフリーになります

c-log581-08
たしか12mmのネジ。

ひっこぬけます。

これでドライブシャフトをプラスチックハンマーで叩きながら
車体へおいて、ナックルを外します。
この状態でブレーキローターは何も押さえがないので落ちてくる可能性があります。
この車は錆びて取れないので一緒に外します。
ブレーキキャリパーが外れた状態でローターも外れてくれば
ローターも外しておきましょう。

c-log581-09
よいしょっと

c-log581-10
外れたレガシーのナックル。

これでブレーキローターとブレーキのバックプレートを外します。

c-log581-11
がらんどぅ

c-log581-12
ローター外した

c-log581-13
このレガシーはハブを外さなくても
バックプレートは外れるタイプです。
たまにハブを外さないと取れない車があります。
そういう車は順序を間違えるとプレートがつけられなくなるので注意

c-log581-14
オイルシールを抜きます。

c-log581-15
あとはプレスでベアリングとハブを外して
はめて終了。

以上がレガシーのハブベアリングの交換でした。
ベアリングを入れてハブを入れる際、ベアリングを後ろから押さえた状態でハブを圧入していかないとベアリングをだめにしちゃうので注意

フロントハブにベアリングのインナーレースが残ってきたら、こういったSSTを使わないと抜きにくいです。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ