ライトエース K型エンジン ヘッドカバーパッキン交換

ライトエース
OHVのK型エンジンを搭載しています
ヘッドカバーパッキンを交換したのでレポートします

c-log1014-01
OHVというエンジンは、カムシャフトが上にないエンジンで、
クランクシャフトの近くにカムシャフトがあり、ギヤで介しています。ロッカーアームを駆動させるのは
カムシャフトから動力を得ているプッシュロッドになります。

ヘッドがコンパクトなエンジンです

c-log1014-02
K型エンジン

c-log1014-03
赤丸の配線などのステーをヘッドカバーに共締めしている10mmを2つ外す

そして黄色丸の接続されているホース2本を外す

あとはヘッドカバーを抑えているのは12mmのナット2つだけ

c-log1014-04
ヘッドカバーは2本のナットで止まっているだけ

c-log1014-05-1
あとはヘッドカバーをこじれば外れます

c-log1014-06
コンパクトなヘッドカバー

c-log1014-07
ヘッドはコンパクトです

c-log1014-08
左の棒のようなものがプッシュロッドです

c-log1014-09
当たり前ですがタイミングベルトは使っていません

パッキンの交換に入ります

c-log1014-10
ヘッドカバーのパッキンを交換します

c-log1014-11

新しいパッキンをセットしたら装着

c-log1014-12
シールワッシャも交換しましょう

c-log1014-13
合体

c-log1014-14
あとは元に戻せばOK

K型エンジンのヘッドカバーパッキン交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする