LPGエンジンの整備

今はうちの工場にはLPGガス車などの整備は入ってきませんが、昔は
タクシーの整備なども行っていたそうです。うちのエアコンシステムはLPGエンジンを使っていて、
エアコンシステムのために整備をしたりしています。
でもって、LPGエンジンというものを考えるんですが、やはりLPGの最大のメリットは
燃料が安いということ。ガソリンエンジンをLPGエンジンに改造することはさほど難しくないと
整備振興会の講師から話しを聞いたことがあります。
ただ、LPGエンジンは頻繁にバルブクリアランスを取らないといけないと先輩におそわりました。
とにかくエンジンの調子が悪くなったらバルブクリアランスをまずは見てみると。
どうしてそんなにもバルブクリアランスを調整しないといけないのか。

sb-log381-01

それはLPGエンジンというのは、バルブシートにかかる負担がガソリンエンジンよりも
大きいということだそうです。簡単に言うとバルブシートがへこんでしまうとか。
なので、ガソリンエンジンをLPGエンジンに変更するには、ミキサーやベーパライザなどの
燃料ラインの変更をする、それ以外にバルブ関係も変更しないといけないということ。
LPGには燃料自体の潤滑機能などはなく、熱的な要素も踏まえて、ガソリンエンジン用の
バルブとバルブシートを使うとすぐに磨耗してしまう。
なので、ガソリンエンジンをLPGに改造するのであれば、バルブとバルブシートは強化タイプの
LPG用のものを使わないといけないということです。なかなか勉強になります。

たまにインターネットオークションなどを見ると、LPGエンジン車が売られたりしています。
買ってもいいけれど、やはり気兼ねなく乗れるかというとそうでもないかもしれない。
やはり燃料インフラがガソリンスタンド並みに整っていないから、業務用以外に使うには
ちょっと気を使うかもしれないね。
LPGエンジンのバルブのことを知らない整備士も結構いるみたいだし、僕も話で聞いたことがあり、
会社のエアコン用のLPGエンジンしかいじったことがないので。
というわけでLPGエンジンについてでした

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    タクシー以外にもトラック(LPG・LNG)がありますね。
    ガスが燃料の車にいえるのは、車両の燃料計はほぼ当てにならない事です。タンク本体の燃料計が一番正確です。
    LPGは気になりませんが、LNGだと消費が早く、ガソリン・LPGに比べ、長距離走行には向かないです。

    • MHO より:

      なるほど。
      未だかつてLPG車両の車を整備したことはないです。
      バルブシートがダメになりやすいから、頻繁にバルブクリアランスを取らないといけないようなことを誰かから聞きました