MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

自動車メーカーにみるキャラクター

time 2015/11/28

自動車メーカーにみるキャラクター

代表的な国内の乗用車の自動車メーカーを挙げるととりあえず8社とさせていただきます。
トヨタ、日産、ホンダ、三菱、マツダ、スバル、スズキ、ダイハツ。
僕なりにそれぞれのキャラクターを考えてみた。まずはスズキとダイハツ。
これはもはや言うまでも無く軽自動車の東の横綱と西の横綱的な存在。軽自動車をこの2社を抜きでは語れない。お互い切磋琢磨していく素晴らしい会社。
続いてスバル。この会社はある意味BMWなどのプレミアムなメーカーになれる素質を持っていた。
以前に花開いたレガシィの評価はかなりのユーザーの心をつかんだ。現在はiSightで復活中ですが、国内唯一のプレミアムメーカーとして名をはせることができると思う。
続いてマツダ。ここは硬派な自動車メーカーだと思う。ロータリーエンジンにこだわり続け、かつ乗り心地などはヨーロッパを目指している。ブランド力もここ最近はかなりついてきたし車はかなりの出来が多いメーカー。

sb-log566-01

三菱自動車。今は少し元気がないけれど、全盛期はとてもすごいメーカーの一つだった。
GDIによる直噴エンジンのさきがけだったり、ランエボシリーズやラリーなど、スバルのライバルとしてのメーカーだったと思う。技術力は高い。
ホンダ。ここは国内自動車メーカーの中で一番遊び心があふれているメーカーだと思う。
感覚で物事を進めてくれる楽しい会社であって、そのエンジン技術は世界1のメーカーである。
日産はどうか?今はおとなしいけれど、当時は国産NO,1メーカーだった。トヨタよりも売れて日本のユーザーをとりこにした。GT-Rなど技術力は高く、やはりトヨタも侮れない会社である。
そしてトヨタ。もう言うまでも無く世界に名を轟かせる自動車メーカーになった。一番すごいのはその販売力である。そして最先端の環境技術を取り込み、自動車と環境技術という相反するキャラクターを上手く看板に掲げている。しばらくはゆるぎない地位だと思う。
てなわけで、MHO的自動車メーカーにみるキャラクターでした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ